クゥワイ・サムナン
Khvay Samnang

  • Preah Kunlong, installation view with dancer and choreographer Nget Rady (live performance), EMST, Athens, Greece, 2017, Photos by Khvay Samnang / Courtesy of the artist.
  • Preah Kunlong, installation view, Ottoneum, Kassel, Germany, 2017, Photos by Khvay Samnang / Courtesy of the artist.
  • Preah Kunlong, installation view, Ottoneum, Kassel, Germany, 2017, Photos by Khvay Samnang / Courtesy of the artist.
  • Untitled 2011 Digital C-Print 80 x 120 cm ©Khvay Samnang
  • Human Nature 2010-2011 Digital C-Print 120 x 180 cm ©Khvay Samnang
  • Human Nature 2010-2011 Digital C-Print 120 x 180 cm ©Khvay Samnang
  • Human Nature 2010-2011 Digital C-Print 120 x 180 cm ©Khvay Samnang
  • Untitled 2011 Newspaper, Tapioca glue 24.0 x 19.0 x 5.5 cm ©Khvay Samnang
  • Untitled 2011 23.0 x 18.0 x 5.5 cm ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Human Nature" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Human Nature" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Human Nature" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Human Nature" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Human Nature" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014 ©Khvay Samnang
  • Enjoy My Sand 2013-2015 Digital C-Print 80 x 120 cm ©Khvay Samnang
  • Enjoy My Sand 2013-2015 Digital C-Print 80 x 120 cm ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Enjoy My Sand" at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2015 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Enjoy My Sand" at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2015 ©Khvay Samnang
  • Installation view from "Enjoy My Sand" at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2015 ©Khvay Samnang

カンボジアで最も重要な若手アーティストの一人であるクゥワイ・サムナンは、写真、ビデオ、インスタレーション、彫刻、そしてパフォーマンスなど様々なアプローチによって、歴史、文化、様々な事象についての新たな視点、解釈を探求しています。主にカンボジアという特定の文脈におけるテーマをとりあげますが、彼の作品は往々にして普遍的なものも映し出します。土地にまつわる流動性、歴史性、継続する社会的・政治的な問題に彼は興味をもってきました。

「何かについて学びたければ、十分に時間を費やし、そして本当に楽しまなければならない」。そう話すクゥワイの作品はユーモアに満ちたものが多く、一見滑稽な行為のように思えるパフォーマンスの中に、何層も意味や象徴性、問題提起をもたせるのがクゥワイの作品の特徴といえます。

クゥワイ・サムナンは1982年カンボジア生まれ、2006年プノンペンのRoyal University of Fine Artsを卒業。プノンペンのSA SA BASSAC(11、12、14年)、2014年小山登美夫ギャラリーシンガポールで、2015年パリのジュ・ド・ポーム国立美術館とボルドー現代美術館(CAPC)で個展を開催しました。主なグループ展にdocumenta 14 (ドイツ、2017年)、第8回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(2015年)第4回シンガポールビエンナーレ (2013-14年)、「Sights and Sounds: Global Video Art」(The Jewish Museum、ニューヨーク、2013年)があります。クゥワイは2010年、2011年にトーキョーワンダーサイトのTWSクリエーター・イン・レジデンスに滞在、また2014-2015年ベルリンのBethenian Kunstlerhausで滞在制作しています。

個展

2019 「『Preah Kunlong』 and 『Where is my land?』」Batia Sarem Gallery、シェムリアップ、カンボジア
「Capsule10: Khvay Samnang」ハウス・デア・クンスト、ミュンヘン、ドイツ
2017 「Where is My Land?」Sa Sa Art Projects、プノンペン
2016 「Bloom Projects Exchange Series」サンタバーバラ現代美術館、カリフォルニア、アメリカ
2015 「The Pacific Project: Khvay Samnang」オレンジ郡立美術館、カリフォルニア、アメリカ
「Enjoy My Sand」8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京
「Footprints of Yantra Man」Kunstlerhaus Bethenian、ベルリン
「Rubber Man」Satellite Programme 8、ジュ・ド・ポーム現代美術館、パリ
2014 「Human Nature」小山登美夫ギャラリー シンガポール
「Rubber Man」SA SA BASSAC、プノンペン
「Staging Cambodia: Video, Memory and Rock-n-Roll」HAU 劇場、ベルリン
2012 「Newspaper Man」SA SA BASSAC、プノンペン
2011 「Human Nature」Royal University of Fine Art /PhotoPhomPenh、プノンペン
「Untitled」SA SA BASSAC、プノンペン
「Wedding + Hair」Hotel de la Paix Arts Lounge、シェムリアップ、カンボジア
2010 「Wedding」Sa Sa Art Gallery、プノンペン
2009 「Hair」Java Cafe and Gallery、プノンペン

グループ展

2019 「In one drop of water」ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、シドニー、オーストラリア
「Bruised: Art Action and Ecology in Asia」RMIT Gallery、ロイヤルメルボルン工科大学、 オーストラリア/タルボット・ライス・ギャラリー(エディンバラ大学内)、スコットランド
「Documenting Change: Our Climate (Past, Present, Future)」CU Art Museum、コロラド大学ボルダー校、アメリカ
「Our Collections!―鳥取県のアート・コレクションの、これまでとこれから―」鳥取県立博物館、鳥取
2018 「Constructing Mythologies」Edouard Malingue Gallery、香港
「ソピアップ・ピッチ / クゥワイ・サムナン / シュシ・スライマン」小山登美夫ギャラリー、東京
「Animals & Us」ターナー・コンテンポラリー、マーゲイト、イギリス
「When animals talked to human」Travesia Cuatro Gallery、マドリッド、スペイン
第 21 回シドニー・ビエンナーレ、Art Gallery of New South Wales、シドニー、オーストラリア
2017 「Le Paysage Apres Coup」Faux Mouvement- Contemporary Art Center、メッス、フランス
「The Pacific」Libby Leshgod Gallery、Emily Carr University of Art + Design、バンクーバー、カナダ
「Fleeting Territories」Kunstraum Niederösterreic、ウィーン
ドクメンタ 14、EMST、アテネ & Ottoneum、カッセル、ドイツ
「Political Acts: Pioneers of Performance Art in Southeast Asia」Art Center Melbourne、オーストラリア
「The Darkened Mirror: Global Perspectives on Water」サンノゼ美術館、カリフォルニア、アメリカ
「Human Nature」Northern Photographic Center、オウル、フィンランド
「Dendromorphies : Créer avec l’arbre」Topographie de l’Art、パリ
「People, Money, Ghosts (Movement as Metaphor)」Jim Thompson Art Center、バンコク
「Currents」サンノゼ美術館、カリフォルニア、アメリカ
2016 「Anywhere but here」Betonsalon、パリ
「People, Money, Ghosts (Movement as Metaphor)」Jim Thompson Art Center、バンコク
「Histories of Futrue」カンボジア国立博物館、プノンペン
「Future Nature」Jack Hanley Gallery、ニューヨーク
「Phnom Penh, Rescues Archaeology, The Body and the Lens in the City, Fragments & Empire: Cambodian Art from the Angkor Period」John Young Museum of Art、ハワイ大学、マノア、ハワイ
「Shifting Geographies」Bophana Audiovisual Resource Center、プノンペン
2015 アジア・パシフィック・トリエンナーレ(APT)、クイーンズランド州立美術館、ブリスベン、オーストラリア
「Globale: Global Control and Censorship」ZKM | Center of Art and Media、カールスルーエ、ドイツ
「I see you see me」デリー・フォトフェスティバル、Gallery Threshold、ニューデリー
「Architectural Landscapes: SEA in the Forefront」inToAsia: TBA Festival 2015、クイーンズ美術館、ニューヨーク
「And That Which Was Always Known」Yavuz Gallery、シンガポール
「Rates of Exchange, Un-Compared」Contemporary Art in Bangkok and Phnom Penh、H Gallery、バンコク/ SA SA BASSAC、プノンペン
「Eagles Fly, Sheeps Flock」アートステージ・シンガポール
「Prudential Eye Awards Finalist Exhibition」アート科学博物館、シンガポール
「Social Engagement Artists」小山登美夫ギャラリー シンガポール
「The Khmer Rouge and the consequences. Documentation as artistic memory work」ベルリン芸術アカデミー、ベルリン
2014 「Swimming in Sand: Growing Rice Under an Umbrella」Multicultural Arts Victorias' Mapping Melbourne、NO VACANCY GALLERY、Federation Square、Ian Potter Centre(ビクトリア国立美術館)、オーストラリア
「Phnom Penh, Rescue Archaeology: The Body and the Lens in the City SEA Fest、ゴールドスミス・カレッジ、ロンドン
「Looking at the Big Blue Sky」Meta House、プノンペン
「The Disappearance『Phnom Penh, Rescue Archaeology: The Body and the Lens in the City』」現代美術センター(CCA)、シンガポール
「Medicine to Heal: Cambodian Photography since 2000」シーサパンナ・フォトフェスティバル、雲南、中国
「Censorship」The 7th Move On Asia、Alternative Space LOOP、ソウル
「Rescue Archaeology: The Body and the Lens in the City」SA SA BASSAC、プノンペン
2013 「Everyday Life」アジア・アート・ビエンナーレ、台北市立美術館
「If The World Changed」シンガポール・ビエンナーレ
「Sights and Sounds: Global Video Art」ジューイッシュ・ミュージアム、ニューヨーク
「Phnom Penh, Rescue Archaeology」ifa、ベルリン/シュトゥットガルト
「Out of Nowhere: Photography in Cambodia, creativetimereports.org Developments」
Seventh Gallery、メルボルン、オーストラリア
2012 「Poetic Politic」Kadist Foundation、サンフランシスコ
「Deep Sea」Primo Marella Gallery、ミラノ
「Mondi」Dry Photo Contemporaneo、プラート、イタリア
「ROUNDTABLE: You Owe Me. I Dont’ Owe You Nothin.」Tobias Rehberger Pavilion、光州ビエンナーレ、韓国
「Terra Incognita」Noorderlight Photography Festival、オランダ
「Current Views and Actions: Photography and Performance Documentation from Phnom Penh」ノーザン・イリノイ美術館、アメリカ
「new artefacts」SA SA BASSAC、プノンペン
「Between Fantasy and Reality」Contact Photography Festival、The East Gallery、トロント、カナダ
「Ruptures and Revival: Cambodian Photography in the Last Decade」ICAS、シンガポール
2011 「Tokyo 2010」トーキョーワンダーサイト本郷、東京
「Between/ Myanmar-Cambodia」Metahouse、プノンペン
アルル国際フォトフェスティバル Night of the Year、フランス
2010 「Luxury Time and Space」トーキョーワンダーサイト青山、東京
オレンジ国際フォトフェスティバル、長沙、中国 「Big Eyes」Sa Sa Art Gallery、プノンペン
2009 「Forever Until Now: Contemporary Art from Cambodia」10 Chancery Lane Gallery、香港
2008 アルル国際フォトフェスティバル Night of the Year、フランス
「Reminder:Photo Phnom Penh」Bophanna Audiovisual Center、プノンペン
「I love PP」Java Cafe and Gallery、プノンペン
「Art of Survival」Meta House、プノンペン
「Silence」Meta House、プノンペン
2007 「Menthoamada」Gasolina、プノンペン
「Spirit House」Khmer Arts Academy、タクマウ、カンボジア
「14 + 1」French Cultural Center Gallery、プノンペン
「Market」Meta House、プノンペン
「Surfacing」Sala Artspace、プノンペン
「Anon」Sala Artspace、プノンペン
2006 「Contemporary Cambodian Art Review」Sala Artspace、プノンペン
「I am leaving」French Cultural Center Gallery、プノンペン
2005 「Sowing Seeds of Peace」Mekong River Basin、Institute of Education、プノンペン
「Similar things between the Khmer and the Thai」駐柬タイ王国大使館、プノンペン
2004 「Life: Student Exhibition for the 86th Anniversary」Royal University of Fine Arts、プノンペン

上映歴

2018 「Living on the Edge" The Factory Contemporary Arts Centre、ホーチミン、ベトナム
2017 「The People’s Summit」McCormick Place、シカゴ、アメリカ
「Forces and Volumes」Bophana Center、プノンペン
2015 「Videotheque Project」Arts Santa Monica、バルセロナ
「Inaugural Vision Forum」Asian Cultural Center、光州、韓国
「BIMI Essay Film Festival」ロンドン
「Video Art Festival FOKUS」Nikolaj Kunsthal、コペンハーゲン
「Inventing the Possible」ジュ・ド・ポーム国立美術館、パリ

受賞歴

2016 Future Generation Art Prize、ウクライナ
2015 Han Nefkens Foundation, BACC Award for Contemporary Art、タイ
Prix Pictet Prize、フランス
AIGA AGO Photography Prize Long List、カナダ
Prudential Eye Awards, Best Emerging Artist in Asia Using Photography、シンガポール
Sovereign Asian Art Prize Finalist、香港
2014 Sovereign Asian Art Prize、香港
Future Generation Art Prize、ウクライナ
2013 Future Generation Art Prize、ウクライナ
Prix Pictet、フランス

ワークショップ/レジデンス

2017 Disarming the Gods: アクラム・カーン主催のシンクタンク(振付師、ダンサー)、KfW Stiftung、フランクフルト、ドイツ
2014 KfW Stiftung レジデンスプログラム、Kunstlerhaus Bethenian、ベルリン (2014-2015)
2013 Residency Unlimited and Casita Maria/ IN RESIDENCE、Season of Cambodia、ニューヨーク
2011 Creators Program、トーキョーワンダーサイト、東京
Between, Metahouse、プノンペン
Between, Metahouse、プノンペン
Co-Founder、SA SA BASSAC、プノンペン
2010 Creators Program、トーキョーワンダーサイト、東京
Co-Founder、Sa Sa Art Projects、The Building、プノンペン
2009 Co-Founder、Sa Sa Art Gallery、プノンペン
2008 Bassac Studio、プノンペン
2007 Photography: History and Training with Stephane Janin、Popil Photo Gallery、プノンペン
Co-Founder of the artist collective Stiev Selapak、プノンペン

パブリックコレクション

オーストラリア国立美術館
カディスト財団、フランス
クイーンズランド州立美術館、オーストラリア
シンガポール美術館
マイイアム現代美術館、タイ
メインランド・アート・ファンド、オーストラリア
KfW(ドイツ復興金融公庫)財団