落合多武
Tam Ochiai

  • NOUVEL_ECONOMISTE
  • Installation view from "Meadow Traveler, Madeleine Severin" at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2012
  • L, 2012 bleach on fabric, 193.0 x 132.0 cm, ©Tam Ochiai
  • words, 2012 bleach on fabric, 193.0 x 132.0 cm, ©Tam Ochiai
  • 落合多武 Tam Ochiai radio wave 2012 bleach on fabric 193 x 132 cm © Tam Ochiai
  • installation view at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2012-2013 ©Tam Ochiai
  • installation view at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2012-2013 ©Tam Ochiai
  • installation view at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2012-2013 ©Tam Ochiai
  • 落合多武 Tam Ochiai meadow traveler’s restaurant guide 2012 28 x 21.5 cm, set of 29 pen and marker on paper
  • Installation view from "Yokohama Triennale 2011: Our Magic Hour" at Yokohama Museum of Art, NYK Waterfront Warehouse (BankART Studio NYK), Kanagawa, Japan, 2011
  • Installation view from "Yokohama Triennale 2011: Our Magic Hour" at Yokohama Museum of Art, NYK Waterfront Warehouse (BankART Studio NYK), Kanagawa, Japan, 2011
  • Installation view from "Yokohama Triennale 2011: Our Magic Hour" at Yokohama Museum of Art, NYK Waterfront Warehouse (BankART Studio NYK), Kanagawa, Japan, 2011
  • installation view from [ Yokohama Triennale 2011 ] at Yokohama Museum of Art, 2011 ©Tam Ochiai
  • installation view from [Yokohama Triennale 2011] at Yokohama Museum of Art, 2011 ©Tam Ochiai
  • Installation view from "spies are only revealed when they get caught" at WATARIUM Museum, Tokyo, 2010
  • Installation view from "spies are only revealed when they get caught" at WATARIUM Museum, Tokyo, 2010
  • Installation view from "spies are only revealed when they get caught" at WATARIUM Museum, Tokyo, 2010
  • installation view from [spies are only revealed when they get caugh] at WATARIUM Museum, 2010 ©Tam Ochiai, photo by Fuminari Yoshitsugu
  • Installation view from "spies are only revealed when they get caught" at WATARIUM Museum, Tokyo, 2010
  • Installation view from "spies are only revealed when they get caught" at WATARIUM Museum, Tokyo, 2010
  • installation view from [spies are only revealed when they get caugh] at WATARIUM Museum, 2010 ©Tam Ochiai, photo by Fuminari Yoshitsugu
  • installation view from [spies are only revealed when they get caugh] at WATARIUM Museum, 2010 ©Tam Ochiai, photo by Fuminari Yoshitsugu
  • installation view from scratching, blood or cat carving at Tomio Koyama Gallery, 2007 ©Tam Ochiai
  • cat curving, 2007 acrylic, color pencil on canvas, 224.0 x 198.0cm, ©Tam Ochiai
  • installation view from scratching, blood or cat carving at Tomio Koyama Gallery, 2007 ©Tam Ochiai
  • Installation view from "scratching, blood or cat carving" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2007
  • cat carving , 2007
 DVD 39'51"
, ©Tam Ochiai
  • red slide, 2007 acrylic, color pencil on canvas, 30.5 x 43.3cm, ©Tam Ochiai
  • castel beraneer, 2007 acrylic, color pencil on canvas, 39.7 x 30.0cm, ©Tam Ochiai
  • 猫 彫刻 cat sculpture, 2007 polyurethane plastic key board, 84.5 x 28.0 x 12.5 cm, ©Tam Ochiai
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • installation view from The Door into Summer at Art Tower Mito , 2007 ©Tam Ochiai
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • Installation view from "The Door into Summer" at ART TOWER MITO, Mito, Ibaraki, Japan, 2007
  • installation view at Art Basel Miami Beach , 2004 
©Tam Ochiai
  • flying squirrel, 2004 color pencil and pencil on cardboard, 37.0 x 13.5cm, ©Tam Ochiai
  • a tangled tale, 2004 acrylic, color pencil and pencil on canvas, 188.5 x 127.0cm, ©Tam Ochiai
  • Skink (ski wheff), 2004 acrylic on canvas, 152.4 x 208.3cm, ©Tam Ochiai
  • Free #4 (8 pieces), 2004 acrylic, color pencil and pencil on canvas, variety sizes, ©Tam Ochiai
  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 2004 ©Tam Ochiai
  • bee, 2001 acrylic, color pencil and pencil on canvas, 177.8 x 218.5cm, ©Tam Ochiai
  • cosimo, 2001 acrylic and color pencil on canvas, 203.2 x 152.4cm, ©Tam Ochiai
  • It's going to rain, 2001 acrylic, color pencil and pencil on canvas, 163.0 x 143.0cm, ©Tam Ochiai
  • claudine, 2000 acrylic, color pencil and pencil on paper, 56.7 x 38.5cm, ©Tam Ochiai
  • Beige Ponce Dress Madeleine, 1999 acrylic and pencil on canvas, 30.5 x 23.0cm, ©Tam Ochiai
  • installation view from "Madeleine" at Tomio Koyama Gallery, 1999 ©Tam Ochiai
  • heaven can wait, 1997 acrylic and pencil on canvas, 111.5 x 76.5cm, ©Tam Ochiai
  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 1997 ©Tam Ochiai

落合多武は1967年神奈川県生まれ。1990年和光大学卒業後に渡米し、1993年ニュ−ヨーク大学芸術学部大学院修了。現在ニューヨークを拠点に活動を行っています。

主な展覧会として、「クリテリオム16 落合多武 “ショッピングバッグ” 」(水戸芸術館、茨城、1995年)、「MOT Annual フィクション?―絵画が開く世界」(東京都現代美術館、東京、2002年)、「Flashback」(Kunstverein Freiburg、フライブルグ、ドイツ、2005年)、「夏への扉―マイクロポップの時代」(水戸芸術館、茨城、2006年)、「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(原美術館、2009年[ケルン日本文化会館、2009年他3カ所巡回])、「スパイと失敗とその登場について」(ワタリウム美術館、東京、2010年)、「横浜トリエンナーレ2011:Our Magic Hour」(横浜美術館、その他周辺地域、神奈川)などがあります。2016年には『リ、ワイルド』」(アラタニウラノ、東京)にて、映像作家の大木裕之との日本とニューヨーク間でのやりとりによる共作のドローイングや映像、その場で作り上げられた立体、など新しい試みをしました。その時に発表した「灰皿彫刻」は2017年ニューヨークのTeam Galleryでの個展「Tarragon, Like a Cat’s Belly」でも展示され大きな話題になりました。また近年では、日光でのアン・イーストマンのトレッドソン別邸プロジェクトに関わり、国内外の様々なアーティストと共にアートの実験に取り組んでいます。

落合作品は、国立国際美術館、国際交流基金、東京都現代美術館、ドイツ銀行、高橋コレクションに収蔵されています。

個展

2017 「Tarragon, Like a Cat’s Belly」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ
2015 「Everyone Has Two Places」Team gallery、ニューヨーク、アメリカ
2012 「Meadow Traveler, Madeleine Severin(牧草地の旅行者、マデリーン・セヴェリン)」 小山登美夫ギャラリー 京都
2010 「スパイと失敗とその登場について」ワタリウム美術館、東京
2008 「Tiam O'Shian IV」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ
2007 「引っ掻き血または猫彫刻」小山登美夫ギャラリー、東京
2006 「occhialli & libreli」Arndt & Partner、チューリッヒ、スイス
2005 Galerie Lisa Ruyter、ウィーン、オーストリア

「tail (exercises in punctuation)」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ
2004 Galeria Francesca Kaufmann、ミラノ、イタリア

「mystery of tail」小山登美夫ギャラリー、東京

「maroon drawing」青井画廊、大阪

2001 「Installation No.8」Dorothee De Pauw Gallery、ブリュッセル、ベルギー

「august」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ

「foreskir」Ardnt and Partner、ベルリン、ドイツ
2000 「inavgurazione」Galleria Francesca Kaufmann、ミラノ、イタリア

Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ
1999 「Madeleine」小山登美夫ギャラリー、東京
1997 小山登美夫ギャラリー、東京

Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ
1996 Jose Freire Fine Art、ニューヨーク、アメリカ
1995 「クリテリオム16 落合多武 “ショッピングバッグ” 」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
1993 Jose Freire Fine Art, Project Room、ニューヨーク、アメリカ

Washington 80 Galleries、ニューヨーク、アメリカ

グループ展

2018 「美術のみかた 自由自在」福岡県立美術館
「コレクション2:80年代の時代精神から」国立国際美術館、大阪
「troedsson villa mountain school」トレッドソン別邸とその周辺、日光
「視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品」国立国際美術館、大阪
「高橋コレクション 顔と抽象」清春芸術村、山梨
2017 「サテライト TV」栃木県、日光市
「小山登美夫ギャラリーグループ展」小山登美夫ギャラリー、東京
2016 「トレッドソン・ヴィラ・マウンテン・スクール 2016」トレッドソン別邸、栃木
「トレッドソン・ヴィラ・マウンテン・スクール 2016」statement、東京
「On Empathy」BRIDGET DONAHUE、ニューヨーク、アメリカ
大木裕之 x 落合多武「リ、ワイルド」アラタニウラノ、東京
2015 「トレッドソン別邸のため」トレッドソン別邸、栃木
2014 「小山登美夫ギャラリーグループ展」TOLOT/heuristic SHINONOME、東京

「開館20周年記念 MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-」東京都現代美術館
2013 「常設展‏」国立国際美術館、大阪

「Wonderful My Art 高橋コレクションの作家たち」河口湖美術館、山梨

「高橋コレクション展 マインドフルネス!」鹿児島県霧島アートの森[札幌芸術の森美術館、北海道 へ巡回]
2012 「Fuyu no Tabi」Shane Campbell Gallery、シカゴ、アメリカ

「足りないOのために『KYTO』」TKG エディションズ 京都
2011 「MOTコレクション サイレント・ナレーター それぞれのものがたり」東京都現代美術館 常設展示室

「横浜トリエンナーレ 2011、Our Magic Hour」横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、その他周辺地域、神奈川
2009 「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(キュレーション:松井みどり)原美術館、東京[ケルン日本文化会館、ケルン、2009/日本文化センター、トロント、2010/Galeri'a Arnold Belkin : Museo Universitario del Chopo、メキシコシティへ巡回]
2007 「夏への扉―マイクロポップの時代」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
2006 「10周年記念」小山登美夫ギャラリー、東京
2005
 「Flashback」Kunstverein Freiburg、フライブルグ、ドイツ

「25 Years Deutsche Bank Collection」Deutsche Guggenheim、ベルリン、ドイツ

「Honeymoon with Romeo」Groeflin Maag Galerie、バーゼル、スイス

「Works on Paper」Arndt & Partner、ベルリン、ドイツ
2004 「奈良美智・落合多武・杉戸洋: New Prints」SPACE FORCE、東京

「New Generation Heavenly Creatures」Galerie Thaddaeus Ropas、ザルツブルグ、オーストリア

「The Rose Garden Without Thorns」Galerie Lisa Ruyter、ウィーン、オーストリア

「Repulsion」イリノイ州立大学、ノーマル、アメリカ

2003 「オープニング展」小山登美夫ギャラリー、東京

「Japan: Rising」Palm Beach ICA、マイアミ、アメリカ

「Pop Jack」Denver Museum of Contemporary Art、デンバー、アメリカ
2002 「フィクション? - 絵画がひらく世界」東京都現代美術館、東京
「エモーショナル・サイト」小山登美夫ギャラリー(佐賀町食糧ビル)、東京
2001 「幸福の場所を探して」ワタリウム美術館、東京

「Jap in a box」Stephen Friedman Gallery、ロンドン、イギリス

「E / Motion Studies」Queens Museum of Art、ニューヨーク、アメリカ

「Superimposition」Caren Golden Fine Art、ニューヨーク、アメリカ
2000 「Dark mirrors from Japan」De Appel、アムステルダム、オランダ

オオタファインアーツ、東京

「Portrait」小山登美夫ギャラリー、東京

「Tectonic」La Panaderia、メキシコシティ、メキシコ

「The Nocturnal Dream Show」Pat Hearn Gallery、ニューヨーク、アメリカ

Lidmar Hotel、ストックホルム、スヴェーデン
1999 「Tam Ochiai / Steven Parrino」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ

「VOCA '99」上野の森美術館、東京

「The Bastard Kids of Drella, Part 9」Le Consortium、ディジョン、フランス

「ソープ」GALLERY ZERO、大阪

「On Paper」Stalke Gallery、コペンハーゲン、デンマーク

「スパイラルTV」スパイラルガーデン、東京

1998 「Remix」Team Gallery、ニューヨーク、アメリカ

「Sassy Nugetts」A-1 Artspace、ノックスビル、アメリカ
1997 「Gallery Artists」小山登美夫ギャラリー、東京
1996 「Benefit」White Colums、ニューヨーク、アメリカ
1995 「M & M」Jose Freire Fine Art、ニューヨーク、アメリカ
1994 「For Collections」New Jersey Center for Visual Arts、サミット、アメリカ

パブリックコレクション


国際交流基金

国立国際美術館
高橋コレクション

東京都現代美術館

ドイツ銀行

書籍