菅木志雄 / 個展「〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」 岩手県立美術館、盛岡、2021年12月18日[土]-2022年2月20日[日]

菅木志雄 / 個展「〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」
岩手県立美術館、盛岡
2021年12月18日[土]-2022年2月20日[日]
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20211218.html

【展覧会図録 販売中】
インスタレーション、レリーフ、ドローイング、写真、アクティヴェイション、など多岐にわたる作品群から半世紀にわたる制作活動を振り返る作品110点超を収録。2本の論考に加え、菅の最新インタビューも収録。既成概念を取り払い、独自の哲学の元、「もの」と「場」の本質を掘り下げることで、従来の美術の在り方を根本から問い直し続ける菅木志雄の活動を通覧するような1冊です。

判型:B5判変形/148ページ/ソフトカバー
日英バイリンガル
著者:菅木志雄
デザイン:林琢真
テキスト:菅木志雄、建畠晢(多摩美術大学学長)、濱淵真弓(岩手県立美術館上席専門学芸員)
定価:2400円(税別)+送料
発行日:2021年12月下旬
ご購入ご希望の方は、book@tomiokoyamagallery.comに(お名前、希望数、送付先、メールアドレス)を記載し、ご連絡をお願いします。HeHeWebサイトからもご購入いただけます。