落合多武

マドレーヌ

installation view from “Madeleine” at Tomio Koyama Gallery, 1999 ©Tam Ochiai

【展覧会について】

落合多武は1967年横浜生まれ。現在は活動の拠点をニューヨークに構えています。今回は、未公開の新作ペインティングのほか、彫刻やインスタレーションも展示されます。
落合の作品世界は、ファッション、広告写真、ロックンロール・ミュージック、フランスのヌーヴェルヴァーグ・シネマなど、彼の「お気に入りのモノ」に対する真摯な愛情とクールな眼差しとに支えられています。好きなものが好きと言い切る強さと、はかない美しさを慈しむ繊細な感情とが渾然一体となって醸し出す落合独特の小宇宙を堪能してください。

同時開催 [eflny999](escape from ny 1999) Sagacho bis(佐賀町食糧ビル) 1999年9月7日 – 25日
参加アーティスト:ジャック・フェザレー、ロザリン・ノックス、マイケル・レヴィン、リサ・タイラー、クリス・ムーア、スティーブン・バリーノ、エリザベス・ペイトン、スウェーデン、ヴィベケ・タンベルグ、ユナイテッド・バンブー
キュレイター:落合多武
エリザベス・ペイトンのペインティングのほか、ヴィベケ・タンベルグのドローイング、ロック写真家のマイケル・レビィンなど、多彩な作品が揃います。
キュレイターをつとめる落合自身の個性との、刺激的かつ魅力的なコラボレーションをお楽しみください。
さらに、パフォーマンスとしてファッションショーの開催も予定しております。落合のアイデアをもとにファッションデザイナー集団、United Bambooが服を制作しました。ショー終了後、服は「ef1ny 999」の会場に展示される予定です。

作家プロフィール

落合多武

落合多武は1967年神奈川県生まれ。1990年和光大学卒業後に渡米し、1993年ニュ−ヨーク大学芸術学部大学院修了。現在ニューヨークを拠点に活動を行っています。

主な展覧会として、「クリテリオム16 落合多武 “ショッピングバッグ” 」(水戸芸術館、茨城、1995年)、「MOT Annual フィクション?―絵画が開く世界」(東京都現代美術館、東京、2002年)、「Flashback」(Kunstverein Freiburg、フライブルグ、ドイツ、2005年)、「夏への扉―マイクロポップの時代」(水戸芸術館、茨城、2006年)、「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(原美術館、2009年[ケルン日本文化会館、2009年他多数巡回])、「スパイと失敗とその登場について」(ワタリウム美術館、東京、2010年)、「横浜トリエンナーレ2011:Our Magic Hour」(横浜美術館、その他周辺地域、神奈川)などがあります。2016年には『リ、ワイルド』」(アラタニウラノ、東京)にて、映像作家の大木裕之との日本とニューヨーク間でのやりとりによる共作のドローイングや映像、その場で作り上げられた立体、など新しい試みをしました。その時に発表した「灰皿彫刻」は2017年ニューヨークのTeam Galleryでの個展「Tarragon, Like a Cat’s Belly」でも展示され大きな話題になりました。また近年では、日光でのアン・イーストマンのトレッドソン別邸プロジェクトに関わり、国内外の様々なアーティストと共にアートの実験に取り組んでいます。

落合作品は、国立国際美術館、国際交流基金、東京都現代美術館、ドイツ銀行、高橋コレクションに収蔵されています。