「菅 木志雄 測られた区体」展覧会カタログ出版記念 サイン会 開催のお知らせ 2019年7月20日[土]15:30 – 16:30 小山登美夫ギャラリー(六本木)

この度小山登美夫ギャラリーでは、現在六本木で開催中の菅木志雄展「測られた区体」(2019年6月22日-7月20日)展覧会カタログ、「菅木志雄 測られた区体」を刊行いたします。
本カタログには、キュレーター・美術史家の長谷川祐子氏による論考「ほとんどすべて― 菅木志雄のメイキング」を収録。展覧会最終日の7月20日 [土] 15:30 – 16:30 にて、「菅木志雄 測られた区体」カタログ出版記念のサイン会を開催いたします。ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

【サイン会概要】

日時:2019年7月20日[土]15:30 – 16:30

場所:小山登美夫ギャラリー(東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F Tel:03-6434-7225)

*お申し込み不要、先着順にて

*お待ちいただくスペースのご用意がございませんので、当日は開始10分前〜を目安にお越しください。

*サインの対象は、小山登美夫ギャラリー刊行の菅木志雄展覧会カタログ『志向する界景』『広げられた自空 分けられた指空性』『測られた区体』、および小山登美夫ギャラリー(六本木)にてご購入頂いた菅関連書籍に限らせていただきます。

【「菅 木志雄 測られた区体」展覧会カタログ概要】
A4変形 ドイツ装 / 112頁
日英バイリンガル
定価:4,500円(税込)
*小山登美夫ギャラリー刊行の菅展覧会カタログ『志向する界景』『広げられた自空 分けられた指空性』『測られた区体』3冊セット特別価格:12,000円 (税込)販売予定。特別価格は小山登美夫ギャラリー店頭でのご購入に限らせていただきます。

刊行:2019年7月19日
論考:長谷川祐子(キュレーター、美術史家)
デザイン:加藤賢策、和田真季(LABORATORIES)
発行:小山登美夫ギャラリー