トム・サックス / 個展「ティーセレモニー」長編映像プログラム特別上映、2019年4月20日[土]- 6月23日[日]、東京オペラシティ アートギャラリー

《Tea House》 2011-16 ©Tom Sachs

トム・サックス / 個展「ティーセレモニー」
2019年4月20日[土]- 6月23日[日]
東京オペラシティ アートギャラリー
https://www.operacity.jp/ag/exh220/

トム・サックス「ティーセレモニー」閉幕まであと2週間ほどとなりますが、おかげさまで多くのお客さまにご来館いただき好評を博しております。 6月7日(金)より、会場ではご覧いただけなかった長編映像2本を特別に上映することが決定いたしました。
この貴重な機会にぜひお越しくださいませ。

長編映像プログラム「The Hero’s Journey」「A Space Program」特別上映
日時:6月7日(金)〜6月22日(土)までの隔週金・土(夜間開館時) 17:40〜19:30

プログラム:
A The Hero’s Journey(2017年/上映時間37分50秒)
B A Space Program(2015年/上映時間72分)

上映スケジュール
6/7(金)A/B
6/8(土)B/A
6/14(金)B/A
6/15(土)A/B
6/21(金)A/B
6/22(土)B/A

プログラムA:「The Hero’s Journey」
2017年に、トム・サックスとNIKEとのコラボスニーカーNIKE Craft Mars Yard 2.0モデルの発売を機に制作、発表された映像作品。監督はヴァン・ネイスタット。アメリカの神話学者ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔をもつ英雄』にインスピレーションを得ている。本展出品作の「Tea Ceremony」にも出演するグレイ・ソレンティが主演を務めるほか、人気ミュージシャンのフランク・オーシャンもカメオ出演している。

プログラムB:「A Space Program」
2015年の長編映像作品。監督はヴァン・ネイスタット。2人の女性宇宙飛行士が火星に向かい、人類の究極の問いに対する答えを探すというストーリーで、映像の随所にトム・サックスの作品の魅力をかいま見ることができる。2012年にニューヨークのパークアベニューアーモリーで開催されて話題となったトム・サックスの個展「Space Program :MARS」の記録でもある。