福永大介 / 大野智史

イベント「福永大介 × 大野智史 × 保坂健二朗 トークイベント」

福永大介 × 大野智史 × 保坂健二朗 トークイベント
10/17(土) 18:30~20:00
小山登美夫ギャラリー(北参道)
http://tomiokoyamagallery.com/about/
予約不要、入場無料

2014年の夏に富士吉田にある大野君のオープンスタジオで、自分も参加した「CRITICAL PASSION」という展覧会がありました。その展示と、保坂さんのキュレーションによる日本の現代美術を紹介した2014年の海外巡回の展覧会「Logical Emotion」(主催:国際交流基金、開催会場美術館)という、2つのキーワードが呼応しているような気がして、共に「客観的な思考と主観的な情動という相容れないものを持ちながら」という印象を感じました。そこで共有できる事と違いが相対化されて考える契機になればと思ったのが、今回のトークイベントのきっかけです。自分としては2008年の個展のタイトルの「Local Emotion」というキーワードで参戦したいと思っています。
これらのキーワードにおける美術、絵画というものを話せたらと思います。

– 福永大介


<プロフィール>

◯ 福永大介 ふくながだいすけ
1981年東京生まれ。2004年多摩美術大学美術学部絵画科油絵専攻卒業、現在神奈川を拠点に制作活動を行う。吉井仁美キュレーションによる「AFTER THE REALITY 2」(ダイチ・プロジェクツ、ニューヨーク、2008)、「VOCA展2009」(上野の森美術館、東京)、「CRITICAL PASSION」(大野智史オープンスタジオ、山梨、2014)、「絵画の在りか」(東京オペラシティ アートギャラリー、2014)などのグループ展に出展。またアーティストグループMIHOKANNOの一員としてグループ展に参加(「Hello MIHOKANNO」トーキョーワンダーサイト渋谷、東京、2009、「GOOD NIGHT MIHOKANNO」アキバタマビ21、3331 Arts Chiyoda、2011)。2009年には毎日新聞社主催による第1回絹谷幸二賞を受賞。小山登美夫ギャラリーでは2006年、2008年、2011年、2013年、2015年に個展を開催。

fukunaga_portrait_web
photo by Fuminari Yoshitsugu


◯ 大野智史 おおのさとし

1980年岐阜県生まれ。2004年東京造形大学卒業。現在山梨県富士吉田市を拠点に制作活動を行う。2007年にはホノルル現代美術館で個展「Prism Violet」を開催。主なグループ展に、「越後妻有アートトリエンナーレ2009」(福武ハウス 2009 / 旧名ヶ山小学校、新潟)、「VOCA展2010」(上野の森美術館、東京)、「リアル・ジャパネスク」(国立国際美術館、大阪、2012)、「CRITICAL PASSION」(大野智史オープンスタジオ、山梨、2014)、「『アート・スコープ2012-2014』─旅の後もしくは痕」(原美術館、東京、2014)、「絵画の在りか」(東京オペラシティ アートギャラリー、2014)など。作品は原美術館、トヨタアートコレクション、国立国際美術館ほか、国内外の個人コレクターにも収蔵されている。小山登美夫ギャラリーでは2006年、2009年、2013年に個展を開催。現在、渋谷ヒカリエ8階の8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにて個展「Beautiful Dreaming.」を開催中。
(10月19日[月]まで。http://www.hikarie8.com/artgallery/2015/08/satoshiohno.shtml

大野智史_クレジット不要

◯ 保坂健二朗 ほさかけんじろう
東京国立近代美術館主任研究員
1976年茨城県生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了(美学美術史学分野)。2000年より同館に勤務。企画した主な展覧会に「エモーショナル・ドローイング」(2008)、建築はどこにあるの?」(2010)、「イケムラレイコ」(2011)、「Double Vision」(2012)、「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう」(2012)、「フランシス・ベーコン展」(2013)、「Logical Emotion」(2014)など。共著・監修に『キュレーターになる! アートを世に出す表現者』(フィルムアート社 2009)、『福祉×美術×表現×魂』(3331 Arts Chiyoda 2013)、『アール・ブリュット アート 日本』(平凡社2013)など。『すばる』『朝日新聞』『疾駆』で連載を持ち、東京藝術大学、九州大学等の非常勤講師も務める。

Photo by Keizo Kioku
Photo by Keizo Kioku

作家プロフィール

福永大介

1981年東京生まれ。2004年多摩美術大学美術学部絵画科油絵専攻卒業し、2009年毎日新聞社主催による第1回絹谷幸二賞を受賞。現在は東京を拠点に制作活動を行っています。

主な個展として、「Documenting Senses ーイヌではなくネコの視点によってー」(小山登美夫ギャラリー、東京、2015年)、「ノスタルジア」(小山登美夫ギャラリー 京都、2013年)があり、主なグループ展には、「アルファにしてオメガ」(石井友人との二人展 瓜割石庭公園、山形、2020年)、「Sayonara Jupiter」(356 Mission、ロサンゼルス、2017年)、「絵画の在りか」(東京オペラシティ アートギャラリー、東京、2014)、「VOCA展2009」(上野の森美術館、東京、2009)、吉井仁美キュレーションによる「AFTER THE REALITY 2」(ダイチ・プロジェクツ、ニューヨーク、2008)などがあります。またアーティストグループMIHOKANNOの一員として、グループ展に参加しています(「Hello MIHOKANNO」トーキョーワンダーサイト渋谷、東京、2009、「GOOD NIGHT MIHOKANNO」アキバタマビ21、3331 Arts Chiyoda、2011)。

大野智史

大野智史は1980年岐阜県生まれ。2004年東京造形大学卒業。現在山梨県富士吉田市を拠点に、制作活動を行っています。

大野は現在富士山麓にアトリエを構え、原生林の中で自らの感覚を研ぎすましながら、自然と人工の対峙と融合、時間を探求する絵画制作を行っています。大野の制作の背景には、東西の美術史と、絵画的な表現についての分析があります。デジタル時代を象徴するようなフラットな色面構成と描写的な表現を1つの画面で拮抗させ、感覚を多層化させながら、絵画の可能性を探求します。「Prism」シリーズは、ヤモリに食べられてしまう運命ながら、街灯の光に引き寄せられるように集まっていく蛾を目撃した経験から着手したものです。それは生きとし生けるものの極限状態の体現、そして光についての科学的研究を踏まえた究極の美の表現と言えます。

主な個展として、2007年にはホノルル現代美術館で個展「Prism Violet」を行い、小山登美夫ギャラリーにて5度開催しています。
主なグループ展に、「STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ『距離』」(熊本市現代美術館、2015年)、「『アート・スコープ 2012-2014』─旅の後もしくは痕」(原美術館、東京、2014年)、「絵画の在りか」(東京オペラシティアートギャラリー、2014年)、「リアル・ジャパネスク」(国立国際美術館、大阪、2012年)、「VOCA展、2010年」(上野の森美術館、東京、2010年)、「越後妻有アートトリエンナーレ、2009年」(福武ハウス、2009年/旧名ヶ山小学校、新潟)、「THE ECHO 展」(ZAIM 別館、横浜、2008年)などがあります。作品はビクトリア国立美術館、原美術館、トヨタアートコレクション、国立国際美術館ほか、国内外の個人コレクターにも収蔵されています。