シュシ・スライマン

「Sulaiman itu Melayu (Sulaiman was Malay)」

Negara, 2012-13 mixed media 183.0 x 244.0 cm ©Shooshie Sulaiman

【作品紹介】

シュシ・スライマンは平面作品、インスタレーション、パフォーマンスから執筆活動、また新しいアート体験を提供するギャラリーや書店などのスペースの運営に至るまで、幅広いアプローチで制作活動を行っています。それは彼女にとって、アートと人生とは分ち難いものであるということを示しています。
文化的、社会的仕組みやアイデンティティについての探求の旅を続ける中で、彼女の作品の多くは自身をとりまく状況や体験、過程に基づいて制作されますが、時としてそれら自体が作品の重要な一部となります。《Emotional Library(エモーショナル・ライブラリー)》(2007年、ドクメンタ12、カッセル・ドイツ)でスライマンは、カーテンで仕切られた空間に自身のスケッチブックなどを2冊置き、そこへ観客を招き入れて会話を交わすことで関係を築きました。そしてその試みは《Emotional Baggage – Drawings as Performance(エモーショナル・バゲージ:パフォーマンスとしてのドローイング)》(2008年、東京国立近代美術館、東京)へと続きます。この作品でスライマンは、本の詰まったスーツケースをどこへ行くにも持ち歩き、人々と正直で自然発生的な交流をしました。感情のレベルでの取り組みや親密さ。それは彼女の多様な作品に共通するように思えます。
また彼女はありふれた素材を使い、表現は真摯です。しかし1990年代の初期の作品が当時のマレーシアの社会的変化に共鳴していたように、彼女の表現は豊かで多面的であり、より広くて深い歴史、文化、そして人間の経験や想像力の地平を明らかにしています。

【展覧会について】

テキスト:メラニー・ポコック
初めての個展開催にあたり、シュシ・スライマン はアイデンティティの概念を深く考察しています。「Sulaiman itu Melayu(スライマンはマレー人)」と題された本展では、彼女の亡き父親を中心に扱いながら、ドローイング、コラージュ、サイト・スペシフィックなインスタレーションを通じて、いかに東南アジアおよびマレー文化が構築され、受け止められてきたかを探求しています。文化的枠組みが形成されるプロセスをなぞりまた解体することで、本展の作品は、アイデンティティの先天性に対してだけではなく、彼女の個人的歴史に対する自身の仮定に対しても挑戦しています。スライマンは彼女特有の結果を設定しない自由なアプローチで、人生の複雑さをアートのそれと結びついたものとして提示します。
今回の展覧会のために、シュシは父親の墓から取った土、彼女のドローイングと以前使用していたスタジオでありインスタレーション作品でもある、《Rumah》(2002-8)を燃やした灰を混ぜ合わせて作品を制作しました。この作品で、シュシは《Rumah》(後に2011年のシンガポールビエンナーレにて作品《Rumah Sulaiman di Belakang Kedai》の一部として発表された)の「ポスト・プロダクション(制作後)」の行為から、同じ素材における主題と物質的側面の価値をオーバーラップさせながらも、ある種の「ポスト・プロセス(過程後)」の行為へと変化させています。
小山登美夫ギャラリーシンガポールのため特別に制作した《Sulaiman bought a home(スライマンは家を買った)》は、彼女の父親が家族のために初めて買った家のレプリカです。人が亡くなったときに暗唱されるコーランの一節、「Surah Al-Fatihah」がジャワ語で刻まれたこの作品は、安らぎに満ちたイスラム教徒マレー人家庭を浮かび上がらせます。《Sulaiman was a rubber tapper(スライマンはラバー・タッパー*だった)》は、彼女の実家(マレーシア・ジョホール州、セガマ)に残っているゴムの木の樹液から作ったシートで制作。これらの作品を通して、シュシは人間と自然の関係を探求し、彼女自身の父親からの「独立の儀式」に取り組んでいます。
* Rubber Tapper(ラバー・タッパー)…木に穴をあけ、ゴムの樹液を集める人。
その他、日本占領時(1941-45)のマレーシア紙幣を用いた作品、昔のマレー人のイメージを重ねた封筒のコラージュ作品などが出展されます。アーティストに手を加えられることによって、これらの作品は物自体が内包するエネルギー、そして文化的認識がつくられる際の問題などを浮き彫りにします。
また、小山登美夫ギャラリーシンガポールでの展示の一部として、シュシはマラッカのゲストハウス、「12レジデンス」をオープンします。そこでゲストは予測できないようなアートを経験することができるでしょう。

【発行予定の刊行物】

展覧会開催中には、現在に至るまでのシュシの制作活動をカバーするカタログ(編集:キュレーター/ライターのメラニー・ポコック)が発行されます。「Sulaiman」と題された同書にはジェニファー・ハナム・ダダミア氏、ハスヌール・J・サイドン氏、トレヴァー・スミス氏やラッセル・ストーラー氏らが寄稿します。

作家プロフィール

シュシ・スライマン

1973年マレーシア生まれ。現在、東南アジア出身の重要な現代アーティストのひとりと注目されています。
経理の仕事を経験した後、突然の父の死など精神的に落ち込んだ「自分自身を救い、癒すために」アート制作を始め、1996年マラ技術大学にて美術学士号取得。その後マレーシア国立美術館のYoung Contemporaries Awardを受賞し、2007年にはドクメンタ12に参加、2016年パリのカディスト美術財団で個展を開催するなど国際的に活躍してきました。
また2014年からはマレーシアのアーティストプラットフォーム「MAIX」に参加。様々な領域のメンバーとのコミュニティを形成し、精力的に活動しています。

日本では2008年「エモーショナル・ドローイング」(東京国立近代美術館 / 京都国立近代美術館)、2017年「サンシャワー: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」(国立新美術館、森美術館、東京)、同年ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(横浜美術館他)の出展で知られ、また、2013年から続く広島県尾道市のアーティスト・イン・レジデンス「AIR Onomichi」に継続して参加。2023年には尾道市美術館で個展を開催予定です。
作品はカディスト美術財団(フランス)、シンガポール美術館、東京国立近代美術館に所蔵されています。

シュシにとってアートは「人生とともにある」と言います。人種間の亀裂が生じている現代のマレーシア。マレーシア人の父と中国人の母を持つシュシは、自身のアイデンティティへの苦悩と探求を深めざるをえず、祖国マレーシアにおける歴史や起源、自然や産業、社会情勢の変化とアイデンティティの関係性をテーマに作品に表してきました。
ドローイング、コラージュ、インスタレーション、パフォーマンス等幅広いアプローチで作品制作する神秘的な世界観は、人間と自然、アートとの分ちがたい複雑な関係性を私達に提示します。

近年には、マレーシアのみでなく、国家という領域を超えてより古く深いものに繋がる人々の血縁や遺産、古代文明、宇宙、神話、自然や手仕事が、その土地の人々のアイデンティティとどうつながっているかという、より広い観点へと変化しています。

その土地特有の土や素材を使ってドローイングを描いてまた土に埋める、マレーシアの母の墓に生えるバラと、ベルサイユ宮殿のバラを交配させて育てるなど、自身の探求するテーマを既存のカテゴリーを飛び越えて作品に表す自由な発想は、観るものに新たな視点を与えるでしょう。

また、シュシの作品制作において、変化や過程を前提とする「現在進行形」のプロセス、人々との対話・コミュニケーション、過去のアーカイブは大きなポイントとなります。
2013年から続く「AIR Onomichi」では、元八百屋の廃屋の部材を一つ一つ調査、解体し、使用可能な材料は保存して、建築・彫刻作品に使用。他の廃材は絵画等のアートワークに変容。スタジオに籠るのではなく、様々な土地に赴き、人々と対話、アイディアを共有しコミュニケーションすることは、彼女の制作や思考において根幹となる大切なスタンスとなっているのです。

1973年  マレーシア、ムアール生まれ。
1996年  マラ工科大学芸術学部絵画専攻卒業、マレーシア
クアラルンプール在住

  • Sulaiman bought a home, installation view from "Sulaiman itu Melayu / Sulaiman was Malay" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2013 ©Shooshie Sulaiman, photo by Wong Jing Wei
  • installation view from "Sulaiman itu Melayu / Sulaiman was Malay" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2013 ©Shooshie Sulaiman, photo by Wong Jing Wei
  • Sulaiman bought a home, installation view from "Sulaiman itu Melayu / Sulaiman was Malay" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2013 ©Shooshie Sulaiman, photo by Wong Jing Wei
  • Sulaiman bought a home, installation view from "Sulaiman itu Melayu / Sulaiman was Malay" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2013 ©Shooshie Sulaiman, photo by Wong Jing Wei
  • installation view from "Sulaiman itu Melayu / Sulaiman was Malay" at Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2013 ©Shooshie Sulaiman, photo by Wong Jing Wei
  • Dari Tanah dia Kembali #6 (From the land he emerged #6), 2013 mixed media 38.5 x 28.0 cm ©Shooshie Sulaiman
  • Dari Tanah dia Kembali #3 (From the land she emerged #3), 2013 mixed media 38.5 x 28.0 cm ©Shooshie Sulaiman
  • Mentari dan Hujan (The sun and the rain), 2013 mixed media 30.0 x 38.5 cm ©Shooshie Sulaiman
  • Chin Tu, 2012 image transfer and graphite 9.0 x15.0cm ©Shooshie Sulaiman
  • , 2013 image transfer and graphite 9.0 x 15.0cm ©Shooshie Sulaiman
  • Institusi Langsat (Langsat Institution), 2013 image transfer and graphite 9.0 x 15.0 cm ©Shooshie Sulaiman