菅 木志雄

集められた〈中間〉

景素 Scene of Elements 2020 wood, acrylic h.181.0 x w.135.0 x d.9.4 cm ©Kishio Suga

—————————————————————————————–——————————————————————————————
本展覧会カタログを小山登美夫ギャラリーより刊行(7月8日[木]予定)いたします。
OIL by 美術手帖にて予約受付中です。詳しくはこちらをご覧ください。

—————————————————————————————–——————————————————————————————

この度小山登美夫ギャラリーでは、戦後日本美術を代表するアーティスト、菅木志雄の新作展「集められた〈中間〉」を開催いたします。

【展示風景 オンラインビューイング】

協力:Matterport by wonderstock_photo

菅は当ギャラリーにおいて毎年精力的に個展を開催していますが、本展では「ものは無常で流動的なものであり、作品はそのプロセスである」ということを焦点に作品を展開。
ギャラリースペース奥の部屋全体を使ったインスタレーションの新作と、壁面の立体作品の新作を発表いたします。

【菅木志雄について –
50年以上の第一線での活躍、今年岩手県美での回顧展】

菅木志雄は60年代末~70年代にかけて起きた芸術運動「もの派」の主要メンバーとして活動。「もの派」の、それまで作品の素材でしかなかった「もの」自体や「もの」を知覚する人間へ目を向けた動向は、海外でも近年、国際的な評価が高まりました。

菅は50年以上にもわたり第一線で活躍し、鋭敏な感覚で制作し続けるその情熱は衰えることがありません。またインドの中観哲学における「空の思想」と、京都学派の論考、日本の作庭などに共鳴した制作における独自の思考を深化させ、現代アートにおける独自の地平を切り開いています。

展覧会としては、1968年の初個展以来、国内外で約400以上のものに参加してきました。
今年2021年12月~2月には、菅の出身地である岩手県立美術館において、大規模な回顧展「開館20周年記念 菅木志雄展 〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」を開催。50年以上に渡る菅の制作活動を約100点もの作品でお見せする予定です。
そのほか国際的な活躍は枚挙に暇がありません。主な展覧会歴はこちらをご覧ください。

作品は、ニューヨーク近代美術館、ポンピドゥ・センター、テート・モダン、東京国立近代美術館、東京都現代美術館をはじめとした国内外47もの美術館・アートコレクションに収蔵されています。

【菅の作品制作について】

菅はまず制作の前提において、ものに対する既成概念を徹底的に問い直し、ものの本質や存在性(リアリティ)とは何かを再認識します。
そして日常よくある木や石、金属、ガラス、ロープなどのもの同士を並べ、つなげ、切ったり、曲げたり、わずかでさりげない行為によって「もの」の存在の深淵を表します。

さらに木枠、床置きの板、窓枠、部屋全体、水面、外部空間など、様々な場を作品の「フレーム」として、ものが最大限活きる場所に配置します。
そうしてもののちょっとしたずれの連続性や、相互に依存しあう様、その差異、複雑さなどが表出されることにより、菅作品の「もの」はまるで生き生きとしているかのように私たちが今まで見たこと、感じたことのないような景色や状況を表すのです。

また人の意識や空間など、目に見えない部分も「もの」と等価に、並列に捉えることも大きな特徴です。「もの」と「もの」、「もの」と「場」、「もの」と「人」の関係を活性化させ、見るものに新たな空間認識を働きかけます。

【本展「集められた〈中間〉」と、新作について
– ものの無常、プロセスの集合体 – 】

菅はこのような長年の制作活動の中で通底する思考がありつつ、基本的に「同じことはやらない」ように毎回異なる関心を持ってきました。

本展に際し、次のアーティスト・ステートメントを記しています。

****************
「集められた〈中間〉」菅木志雄
 モノは、だいたいにおいて、ヒトに無関係な時間を在りつづけている。それはヒトには簡単に理解できないような集積である。たとえ時間をかけたとしても〈在ることのプロセス〉を感知することはむずかしいと思われる。時間の長さも、その在り方もである。わからないながら、ヒトは、アートの名目で、無造作にモノを扱おうとする。それは、ヒトが創造するには、それを表わすためのモノが必要だと思っているからである。注意しなければならないのは、モノは根源的にアートに使用されるためにあるのではないということである。
 〈存在するものである〉という意味では、モノも作品も同じかもしれないが、多くの場合モノの始原的な存在性というものは、だいたいにおいて制作の過程で失われてしまう。それは、本来モノが保有しているべき原質のようなものがなくなるということである。そうなれば、本質的にモノはモノでなくなり、カタチはあれど本来あるべき存在性は失われる。作品(モノ)はつねに途中のモノによって、できているのである。
****************

菅はものは一定に留まっているのではなく、時間経過とともに動き変容する無常であると捉えており、本展においてその「もの」がもつプロセスの集合体が作品であることにフォーカスします。

菅は、次のようにも語っています。
 「人間なら死んでしまうし、木であれば腐って、あるいは燃えてなくなっていく。そういう同じプロセスを踏むわけです。つまり有から無へ向かう。そういう途中にものは存在している。ものを変化させるというのは無への変化なんです。」
(菅木志雄インタビュー、聞き手=松井みどり、美術手帖、2015年3月号)

「普通にあるのものを、意味の力を加えて解体していくところが造形だと僕は思います。」
「アートは結局プロセスですよ。どんなに完成したものがあろうともプロセスでしかない」
(菅木志雄トーク、シンポジウム「もの派とアーカイブー海外への発信をめざして」、多摩美術大学、2016年)

それは菅の重要な制作活動、観客の前でのパフォーマンスイベント「アクティベーション」において、自身の行為、思考、制作プロセスを作品としていることにも表れています。

本展の新作「景素」「場空」では、端に置かれた数個の枝の断片と断片、その間を小さな石や木片が自由に軌跡を表しながら連なり、並べられています。その連続性がまるでものが意思を持って動いた結果であるかのようにそれぞれ異なる様相を表し、無限のリズムやエネルギーが作品の枠を超えてどこまでも続いていくかのようです。

また新作のインスタレーション作品「集空果」は、石とロープという限りなくシンプルな「もの」が部屋全体に縦横無尽に放たれ、果てしない連続性と空間性が、観るものの意識を活性化するでしょう。

美術評論家の松井みどりは、次のように評しました。
「(菅作品を見ることで)どれほど知識を積み上げても埋められない知覚の隙間が世界には存在し続けることの実感が、尽きることない自由な感覚をもたらした。」
(松井みどり「菅木志雄の方へ:生成する世界を捉える仕組み」、菅木志雄カタログ、小山登美夫ギャラリー、東京画廊、2006年)

フィジカルに人と接することや移動を制限された現在、菅作品を鑑賞することで、私たちはデジタル環境に慣れた感覚を開放し、ものは、人は、思考は、世界は常に変化し、繋がりながらも混じり合うことなく果てしない可能性が広がっていることを改めて感じることができるでしょう。とどまることがない菅の最新作をご覧にぜひお越しください。

—————————————————————————————–—————————————————————————————–
プレスに関するお問い合わせ先:
Tel: 03-6459-4030 (小山登美夫ギャラリー オフィス)
Email: press@tomiokoyamagallery.com (プレス担当:岡戸麻希子)
—————————————————————————————–—————————————————————————————–

作家プロフィール

菅 木志雄

1944年岩手県盛岡市生まれ。1968年多摩美術大学絵画科を卒業。在学中の1967年には第11回シェル美術賞を受賞しています。

菅木志雄は、60年代末〜70年代にかけて起きた芸術運動「もの派」の主要メンバーであり、同時代を生きる戦後日本美術を代表するアーティストとして、独自の地平を切り開いてきました。 インド哲学などの東洋的思想に共鳴した自身の哲学を基に、石や木、金属といった「もの」同士や、空間、人との関係性に対して様々なアプローチをしかけ、「もの」の持つ存在の深淵を顕在化すべく作品制作をしています。「もの派」への再評価が確固たるものになった今日もなお菅はその思考を深化させ、尽きる事のない制作への情熱が、作品の現在性を生んでいると言えるでしょう。

菅は、1968年の初個展から現在に至る50年以上のキャリアの中で幾多もの展覧会に出展してきました。近年の大規模な展覧会として、2016年イタリア、ミラノのファンデーションPirelli HangarBicoccaでの展覧会をはじめ、イギリス、スコットランド国立近代美術館でのカーラ・ブラックとの二人展、アメリカ、ニューヨークのDia Art Foundationでの個展と、欧米の美術館において連続して展覧会を開催。2017年第57回ヴェネツィアビエンナーレ国際展「VIVA ARTE VIVA」では水上でのインスタレーションとして代表作「状況律」を再制作して大きな注目を浴び、同年長谷川祐子氏キュレーションによるフランスのポンピドゥ・センター・メッスで開催された「ジャパノラマ 1970年以降の新しい日本のアート」展にも出展しました。
国内では、2014年 – 2015年ヴァンジ彫刻庭園美術館にて「菅木志雄展」、2015年には東京都現代美術館にて「菅木志雄 置かれた潜在性」と、2つの個展が同時期に開催され大きな話題となりました。作品は国際的にも高い評価を受けており、ポンピドゥ・センター、テート・モダン、ダラス美術館、ディア美術財団、ニューヨーク近代美術館、ハーシュホーン美術館彫刻庭園、M+や、東京国立近代美術館、東京都現代美術館をはじめ、国内外幾多もの美術館に収蔵されています。

その他の情報は、下記URLよりご覧下さい。
https://www.kishiosuga.com/

  • 景素 Scene of Elements 2020 wood, acrylic h.181.0 x w.135.0 x d.9.4 cm ©Kishio Suga
  • 場空 Site of Void 2020 wood, acrylic, stone h.120.0 x w.91.8 x d.18.1 cm ©Kishio Suga
  • 結因果 Connected Causes and Effects 2020 wood, acrylic h.140.6 x w.122.8 x d.8.1 cm ©Kishio Suga
  • 空傾 Voids of Inclination 2021 wood, aluminum, ink h.121.9 x w. 91.1 x d.17.3 cm ©Kishio Suga
  • 景潜果 Scene of Latent Effects 2020 wood, acrylic h.182.0 x w.136.5 x d.28.5 cm ©Kishio Suga
  • 対領地 Confronting Territorial Earth 2020 wood, acrylic h.182.0 x w.147.6 x d.6.7 cm ©Kishio Suga
  • Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi
  • 集空果 Accumulation of Void and Effects 2021 stone, rope dimension variable Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi
  • 集空果 Accumulation of Void and Effects 2021 stone, rope dimension variable Installation view from “Gathered < Intermediates > ” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2021 ©︎Kishio Suga photo by Kenji Takahashi