安藤正子

個展

Installation view at Tomio Koyama Gallery, 2004 ©Masako Ando

【展覧会について】
安藤正子は1976年 愛知県生まれ。1999 年 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻 卒業、2001 年愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。現在も名古屋を拠点に活動を行っています。2002 年、小山登美夫のキュレーションによるグループ展「フラジャイル・フィギュアズ」(パレットクラブ、東京築地)に出展、今回が初の本格的な個展になります。
つぶらな瞳の少年少女達、その周りを彩る小鳥や蝶、花々は、懐かしくも瑞々しいリリシズムに溢れています。つるりとした陶器のような肌合いのカンヴァスは、作家によって何度も磨かれたもの。そこに乗せられた驚く程繊細な描線と、艶やかな色彩は、見る者を芳醇な物語の世界へと誘わずにはおきません。
それら作品世界には、「失うものや得るもの、静かなものと激しいもの、食べることと食べられること、喜びや悲しみ、死ぬこと、そして生き続けること。作品にさまざまな要素を幾重にも織りまぜながらも全体としては、陽性なものへと方向づけたい。」と言う作家の、祈りにも似た思いが息づいています。
今回はドローイング2点、ペインティング2点を展示する予定です。精緻なドローイングを描いてから、全く同じ構図でペインティングに挑んだ「Where Have All Flowers Gone?」、ドローイングのみで完成とされた「貝の火」、ペアのペインティング「In Spring」など、全て初公開の新作です。

作家プロフィール

安藤正子

安藤正子は1976年愛知県生まれ。2001年愛知県立芸術大学大学院修了。瀬戸市を拠点に活動し、現在、愛知県立芸術大学美術学部油画専攻准教授。
主な個展に、「ハラ ドキュメンツ9 安藤正子 ― おへその庭」(原美術館、東京、2012年)、「安藤正子 作品集刊行記念展『Songbook』」(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京、2016年)。 子どもや毛糸の編み物、動物や草花などをモチーフに、油絵具の特質を生かし、緻密な描写や大きな余白などの画面構成等、様々な絵画的要素の中で生み出された、滑らかな絵肌のペインティング作品と、それとは対照的に硬質な質感の精緻な鉛筆ドローイングが特徴的であった。2018年以降は、陶のレリーフや、水彩、木炭によるドローイングなどに作品が大きく展開している。

出版物
http://tomiokoyamagallery.com/publications/songbook/