蜷川実花

noir

noir, 2010 ©mika ninagawa

<作品紹介>

蜷川実花の作品を前にするとき、わたしたちはまずその華やかな色に目を奪われます。そこに写っている花、人物、金魚などの対象は、こちらの感情、あるいは非現実的な世界をも喚起するような色彩を与えられています。深く濃い赤、目の覚めるようなブルー、甘美なピンクなど。これらの色は光をまとい、そこからは生命の豊かさや美しさというものを掴み、とどめようとする蜷川の一貫した試みをとらえることができます。またその光の裏には影、静かに滲み出る闇の存在があります。この影の存在は、これまでの蜷川の膨大な作品群にも散見することができます。表裏一体の光と影、そこには蜷川の写真を撮ることへの姿勢がよく表れています。自身の表現の全体像を提示すること。それに極めて自覚的に作品をまとめ、展示したのが、2008年から2010年にかけて5カ所の国内美術館等で開催された、「蜷川実花展-地上の花、天上の色-」でした。
この展覧会において最新作として発表されたシリーズ「noir(ノワール)」はその闇、また「裏蜷川実花」ともいえる世界を表現しています。「地上の花、天上の色」という言葉が表すような、圧倒的な色彩で知られる蜷川が提示する「noir(暗黒、黒)」は、色彩の深度を強めることによって浮かび上がらせた「極彩色の闇」です。眩しい生の世界と、深い死の世界。生死のバランスに介在する人の手が浮かび上がらせた歪な世界。生と死の極点に向けて、その領域を膨張させ深化させ続けた写真世界は、圧倒的で暴力的な生命力と、深く歪な極彩色の闇を感じさせます。

<展覧会について>

本展は、上記のシリーズ、「noir」だけで構成される初めての展覧会です。新シリーズですが、属する作品には以前から手がけていたものも含まれ、じっくりと制作されてきました。これまでの蜷川実花とは別の面、それでいて根源的な面ももつ作品を、是非ご高覧ください。また同シリーズは作品集「noir」(河出書房新社、10月22日発売、税込価格¥2,730、164頁)としても発表されます。以下は作品集の帯に記載されている、蜷川執筆のあとがきからの抜粋です。
「花は枯れながらも咲き乱れ 愛玩動物達は今日も檻の中 新しい生命はひたすら生まれまくり 一日一日死に向かって生き続ける 眩しいくらいに」(あとがきより)
こちらの作品集も是非ご高覧下さい。

作家プロフィール

蜷川実花

蜷川は東京生まれの写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展 ―地上の花、天上の色−」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題となる。2016年、台湾の台北現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催し、好評を博した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
https://mikaninagawa.com/

  • installation view from "noir" at Tomio Koyama Gallery, 2010 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "noir" at Tomio Koyama Gallery, 2010 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "noir" at Tomio Koyama Gallery, 2010 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "noir" at Tomio Koyama Gallery, 2010 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "noir" at Tomio Koyama Gallery, 2010 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • noir, 2010 ©mika ninagawa
  • noir, 2010 ©mika ninagawa
  • noir, 2010 ©mika ninagawa