蜷川実花

蜷川実花展

蜷川実花 Mika Ninagawa noir 2010 27.9 x 35.6 cm c-print, framed ed of 10 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは、12月19日(水)より蜷川実花展を開催致します。

蜷川実花は、1997年多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業後、2001年第26回木村伊兵衛写真賞など数々の賞を受賞。今までに国内外で80以上の個展を開催し、2010年Rizzoli N.Y. から出版した写真集「MIKA NINAGAWA」は世界各国でも話題になりました。近年では『さくらん』『ヘルタースケルター』の映画監督や、セリーヌ、マスターマインドジャパンなどファッションブランドとのコラボレーション等益々活動の幅を広げるなど、今最も活躍する写真家の一人と言えるでしょう。展覧会も多数開催しており、昨年は台北で同時に2つの個展を、また京都での森山大道氏との二人展「森山大道×蜷川実花展」などを開催いたしました。今年2月には沖縄の浦添市美術館にて個展「蜷川実花展」、4月には東京清澄の小山登美夫ギャラリーにて桜のみを撮影した写真展「PLANT A TREE」を開催しています。

本展では、2003年制作「Acid Bloom」「Liquid Dreams」シリーズ、2004年制作「floating yesterday」シリーズ、2010年制作「noir」シリーズから作品を展示致します。花、動物、金魚、風景などの一瞬の輝きを捉えた蜷川の作品は、独特の華やかな色彩を持ち、様々な感情や非現実的な世界をも喚起させます。また、その光、色の深度を強めることで「極彩色の闇」をも浮かび上がらせ、光をまとっていても、影に包まれていても、その写し出される対象には、彼女が作り出す特別な世界の中でしか見ることのできない一瞬の美、生の豊潤さが表れています。蜷川実花の世界観を、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにて是非ご高覧下さい。

作家プロフィール

蜷川実花

蜷川は東京生まれの写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展 ―地上の花、天上の色−」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題となる。2016年、台湾の台北現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催し、好評を博した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
https://mikaninagawa.com/

  • installation view from [Mika Ninagawa exhibition] at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, 2012 ©mika ninagawa
  • installation view from [Mika Ninagawa exhibition] at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, 2012 ©mika ninagawa
  • installation view from [Mika Ninagawa exhibition] at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, 2012 ©mika ninagawa