工藤麻紀子

工藤麻紀子展

©Makiko Kudo

» 作品紹介

工藤麻紀子の絵画には、彼女が日常生活で出会ったものと、彼女自身のイマジネーションが分かちがたく結びついた、不思議な心象風景が広がっています。彼女のごく身近にある愛おしいモチーフたち -女の子や猫、鳥、森、草花、或いはベッドなど- が、原初的な神話世界の中で無秩序にちりばめられています。少女性の強いモチーフの選び方は一見現代的にも見えますが、奥行きを抽象的に塗りこめ、いくつものパースを混在させるような平面的処理は、網膜に映る事象の立体的な色彩を画面にそのまま焼き付ける、古典的な絵画のスタイルに通じるものです。
現代美術では長く軽んじられていたペインティングの復興をテーマとする展覧会も各地で開かれる中、バークレー美術館”Some Forgotten Place”展では、スウェーデンのカリン・マンマ・アンダーソンやアメリカのエイミー・カトラーほか、ドイツ、ポーランド、オーストラリアなど世界各国のアーティストが、現代における「風景画」を呈示しました。
また今年、グリーン・ナフタリで開かれた”POST MoDERN”展では、ダナ・シュルツやメアリー・ヘイルマン、また工藤が後に作品を見て衝撃を受けたというローラ・オーウェンスなど、気鋭のペインターが集いました。

» 展覧会について

工藤麻紀子のペインティングで最も特徴的なのは、彼女自身の日々の日常と、夢で見た世界のような想像性とが渾然一体となった、そのカオティックな力強さです。プリミティウ゛な筆致が描き出すのは、工藤にとっては実際に目にし、体験した世界です。
『はるめ』と名付けられた作品では、社殿のやぐらが背景の空と溶け合い、いつしか水のように画面一杯に流れ出します。大きな瞳の女の子や、たくさんの猫たちが呑み込まれ、一体となり、軽快に宙を舞います。
一転、『毒入り』という作品では、寂しげな表情の少女が、朱色に染まった草原に1人佇んでいます。背後には、抽象的に描かれた森のような影が横たわっていますが、それはまた少女に向かって大きく身を乗り出した猫のようにも見えます。血のように赤い草むらに見え隠れするのは野鳥の羽根ですが、その模様は外敵から身を守る、毒々しい昆虫のようです。
「常に健やかさに憧れる」と語る工藤は、自転車で身軽にどこへでも出掛けていきます。彼女の目が捉える風景はいつも地続きで、親愛なる小さきものに満ちており、そこに彼女の無意識がにじみ出していくのです。夢のようでありながら、地に足をつけていたい、堅実かつ飛躍した彼女のイマジネーションの世界を、どうぞご堪能下さい。
本展では、大小併せて10点近くの新作が展示される予定です。

作家プロフィール

工藤麻紀子

1978年青森県生まれ。2002年女子美術大学油画科卒業。同年、小山登美夫キュレーションによるグループ展「フラジャイル・フィギュアズ」(パレット・クラブ、東京)、および村上隆キュレーションのグループ展「東京ガールズブラボー2」(ナディッフ、東京)に出展、2004年から国内外の多数の展覧会に参加、現 在は神奈川を拠点に活動を行っています。工藤麻紀子の絵画には、彼女が日常生活で出会ったものと、夢で 見た世界のようなイマジネーションが渾然一体となった不思議な心象風景が広がります。ダイナミック且つ繊細な筆致、バランスの取れた鮮やかな色彩、そして複数の場面とパースが同時に展開する大胆な構図によって、カオティックな躍動感に満ち溢れているのです。

近年の主な個展に、2016 年小山登美夫ギャラリー、2015年ロンドンの Wilkinson Gallery(2012年にも開催)、2013年8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、2011年ロサンゼルスのMarc Foxx Gallery などがあります。また近年の主なグループ展として、2014 年東京オペラシティアートギャラリーでの「絵画の在りか」、同年モスクワの Garage Museum of Contemporary Art で開催された「The New International 2014」、2013年青森での「十和田市現代美術館 開館5周年記念展 vol.1 flowers」、ロンド ンのサーチギャラリーでの「Body Language」、2011年ソウル、Gana Art Center での「Pathos and Small Narratives」など、国内外で数多くの展覧会に参加しています。 パブリックコレクションでは、2007年テキサスのフォートワース近代美術館での「Pretty Baby」、2004年カ リ フ ォ ル ニ ア のUniversity of California, Berkeley Art Museum & Pacific Film Archive での「MATRIX 213: Some Forgotten Place」へ出展した作品が同美術館にそれぞれコレクションされたほか、ロサンゼルス現代美術館、ドイツのオルブリヒト・コレクション、ロンドンのサーチ・コレクション、フラワー マンコレクション、国内では国際交流基金、高橋コレクションに作品が収蔵されています。また、山崎ナオコーラの小説『反人生』(2015年、集英社)の装画にもなりました。
作品集として『まわってる Turning』(小山登美夫ギャラリー、2012年)があります。

1978年 青森県生まれ
2002年 女子美術大学油絵科卒業

  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 2005 ©Makiko Kudo
  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 2005 ©Makiko Kudo
  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 2005 ©Makiko Kudo
  • installation view at Tomio Koyama Gallery, 2005 ©Makiko Kudo
  • ©Makiko Kudo