中園孔二展

untitled, 2014  ©Koji Nakazono

中園孔二が東京藝術大学を卒業した翌年、2013年に小山登美夫ギャラリーで行なった初めての展覧会では、型にはまらない様々なアプローチや技法によって制作されたポートレートやシーンのペインティングと新作のインスタレーション作品が展示されました。揺らめく画面が一瞬のうちに像を結び、イメージとして定着したようなペインティングは、また再び揺らめき始めそうな自由な冒険心を感じさせます。絵画的にも美しい作品の個々の部分は、彼の画家としての高揚感に満ち、それを集めるように組み立てられた作品からは、豊かな景色が立ち現れます。2回目となる今回の展覧会では、新作のペインティングを展示いたします。

中園孔二は1989年神奈川県生まれ、2012年に東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業。現在埼玉県を拠点に制作を行っています。「アートアワードトーキョー丸の内 2012」に選出され、小山登美夫賞、オーディエンス賞を受賞、今年7月から東京オペラシティアートギャラリーで開催される「絵画の在りか」展にも出展します。

  • untitled, 2014