ベンジャミン・バトラー

ベンジャミン・バトラー 展 LITTLE MOUNTAIN

Mountain Tree Green 2003 oil on canvas 40.5 × 50.5 cm ©Benjamin Butler

展覧会について

ベンジャミン・バトラーは1975年カンザス生まれ。2000年、シカゴ・アート・インスティチュートの美術学校を卒業。現在はニューヨークを拠点に制作活動を行っています。シカゴ、ニューヨーク、トロント、ミュンヘンなどで展覧会を開催。
愚直にもみえるベンジャミン・バトラーの山の風景絵画は、たまらなく感傷的な弱さを持つ反面、破壊的でもあります。小さなスケール、粗い絵具の塗り方は、現在の美術では特異に見えるその主題へのまじめな愛情と一致しないかもしれません。
バトラーの絵画は完全に個人的な出来事から始まりました。あるとき、祖母に自分のために風景絵画を制作することができるかどうか聞かれました。この単純な好意を引き受けたのをきっかけに、実際のスタジオでの絵画制作へと発展していきました。この情緒的な祖母からのリクエストにより生み出された主題は、作家が評価され始める作品となりました。
バトラーの絵画は美術史、大衆文化、漫画などの要素を示す部分が存在します。またこのような主題として彼の風景絵画を読み解くことは考古学的なプロジェクトとも似ています。前回のニューヨークの個展の際、バトラーは自身の作品のことを以下のリストで答えています。高陽感、共感、アメリカーナ、詩、音楽、山脈、発見、調査、祝賀、幸福、謙虚、単純性、ミニマリズム、表現派、ラブソング、田舎生活、都会生活、ランドマーク、ホールマーク、悲嘆、憂鬱、ファンタジー、楽観、記念的、魔法、ミステリアス、瞬間。
バトラーの絵画は個人的な瞬間から生まれたものであると同時に、描かれた幻覚的な豊かな色彩の風景画は実験的とも言えるでしょう。
日本で初めてとなる今回の個展では「Little Mountain」と題し、山脈の風景絵画を発表いたします。

作家プロフィール

ベンジャミン・バトラー

ベンジャミン・バトラーは1975年アメリカカンザス州、ウエストモーランド生まれ。2000年シカゴ美術館附属美術大学ペインティング専攻修士課程を卒業し、現在はオーストリアのウィーンを拠点に制作活動を行っています。

今までに、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、ウィーン、バーゼル、ベルリンなど、世界各国の都市で個展を開催しつづけており、近年の主な個展に、「二色、単彩、そしてそれ以外の風景」(小山登美夫ギャラリー、東京、2020年)、「Silver / Landscapes」(Klaus von Nichtssagend Gallery、ニューヨーク、2019年)、「Recent Trees and Monochromes」(Galerie Martin Janda、ウィーン、2018年)、「Trees Alone」(小山登美夫ギャラリー、東京、2016年)があります。また、彼は「sotto voce」 (キュレーション:ロバート・ボード、Bortolami Gallery、ニューヨーク、2019年)、「Verzweigt」 (シンクレア・ハウス美術館、バート・ホムブルク・フォア・デア・ヘーエ、ドイツ、2014年)、「Greater New York」(PS1/MOMA、ニューヨーク、2005年)を含め、国際的にも数多くのグループ展に参加しています。

バトラーは山や木々、自然をモチーフとした風景画を描きます。その単純化された枝や幹のフォルムは縦や斜線、三角、曲線等、幾何学模様のように、画面全体に余白なくリズミカルに反復されます。それらはコントラストの明瞭な色彩によって引き立たされ、具象と抽象の境界を模索するような独得の絵画表現を作り出しているのです。

彼の絵画は、コンポジションにおける様々な要素をもちながらも、シンプルで詩的な優しさ、そして現代的なクールさも漂わせます。鑑賞者は自身の記憶が呼び起こされ、物静かな瞑想の時間を与えられるでしょう。

https://benjaminbutler.info/