オノ・ヨーコ

オノ・ヨーコ 展「灯 あかり」

Installation view from “LIGHT” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011

1960年代以来、オノ・ヨーコはアーティストとして世界にひらめきを与えるメッセージを発信してきました。その創造的活動への原動力には、一貫して「平和と自由への祈り」 というテーマがあります。 オノ・ヨーコの作品は、社会の規範や固定された価値観へ疑問を投げかけ、そして特に社会が変化を迫られる時に、人々それぞれの想像力に働きかけることで未来への力を与えてきました。

2011年7月オノ・ヨーコは「美術の分野で人類の平和に貢献した作家」として第8回ヒロシマ賞を受賞し、受賞記念展を広 島市現代美術館で開催しました。その“希望への路”という個展タイトルには広島と長崎の被爆からの復興、そして日本がまさに今直面している地震と津波そして原発事故による被災からの復興への強いメッセージが込められました。広島と長崎の市民が不屈の精神と叡智の力で深い悲しみと苦難を乗り越えてきたその力が世界に希望の光を与えるのです。

人類の最高の叡智は、私たちみんなが持っている超能力です。それはいざという時に、意識の奥から出てくる叡智に輝く力で、念願だけで山を動かすこともできる凄い力です。
(オノ・ヨーコ「人類の叡智の力を信じましょう」2011 より)*

オノ・ヨーコは私たちそれぞれが持つ想像力と超能力に、まるで「灯をともす」かのようにメッセージを送り続けます。

私の愛があなたの超能力を引き出す力になってくれることを祈って。
(オノ・ヨーコ「人類の叡智の力を信じましょう」2011 より)*

小山登美夫ギャラリーでの展覧会「灯 あかり」では、震災を受けた日本に灯をもたらすような、数々の作品を展示します。《灯への道》は、観客が巨大な迷路の中を歩き、暗闇を抜けた先に光を見つける作品。《ミエナイ人タチ》、暗闇の中のほのかな光にうつし出される透明な人型のオブジェ。広島市現代美術館で展示された《ノコリ》、東日本大震災で倒壊した家の部材、家具を再建への願いを込めて並べた作品の再制作。また、同作品の一部に基づいて、今回の「灯 あかり」展のために制作した新作エディション作品《AIR CLOCK》も展示されます。そして6Fのスペースには、作家の祈 りと思いが込められた文字が展示されます。
 *第8回ヒロシマ賞受賞記念 オノ・ヨーコ展 希望の路 展覧会図録 Vol.1 よりの引用に加えて一部を加筆

作家プロフィール

オノ・ヨーコ

オノ・ヨーコは1933年東京生まれ。幼少期より自由学園にて、生活と芸術を分ける事のない音楽の早教育に接し、終戦後学習院女子部に入学。1952年には女子学生として初めて同大学の哲学科に入り、マルクス主義と実存主義に強い影響を受けました。1953年家族とニューヨークに転居し、サラ・ローレンス大学に入学。音楽と詩を学び、ニューヨークの前衛芸術の中心的な存在として活動。1962年に東京に戻り、青山の草月会館で作品を発表。その後世界中で展覧会やパフォーマンスを行い、オリジナルな作品を発表し続けました。
1990年代に入ると自身に関わる様々な暴力と、世界に起きた戦争などの暴力の記憶が交差するようなテーマを掘り下げ、現在ではインターネットを通して数多くの人と交信し、世界中にメッセージを発信し続けています。

これまで世界中の美術館で数多くの展覧会を行っていますが、近年の大規模な個展としては、2015年ニューヨーク近代美術館での「Yoko Ono:One WomanShow, 1960-1971」、2015-16年東京都現代美術館「YOKO ONO: FROM MY WINDOW」があり、共に大きな反響を呼びました。その他の主な展覧会として、2000-02年にNYのジャパン・ソサエティーが企画した回顧展「YES オノ・ヨーコ」展は北米6都市を巡回し、アメリカ美術批評家国際協会のNYでの最優秀美術館展賞を受賞。その後2003-04年アジア巡回、東京都現代美術館、水戸芸術館現代美術ギャラリー、広島市現代美術館など日本の5都市を巡回しました。

2011年には広島市現代美術館において、第8回ヒロシマ受賞記念オノ・ヨーコ展「希望の路 YOKO ONO 2011」、小山登美夫ギャラリーにて初めての個展『灯』を開催。2012年にはロンドンでの初の個展「Yoko Ono: TO THE LIGHT」がサーペンタイン・ギャラリーにて、2013年には回顧展「Half-A-Wind-Show」がドイツのシルン美術館を皮切りに、スペインのグッゲンハイムビルビオ美術館、ルイジアナ近代美術館を巡回。最初の1ヶ月で3万人を動員し話題となりました。2009年ヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞生涯業績部門受賞。2016年5-6月に、小山登美夫ギャラリーでは2011年に次ぐ個展となる「硝子の角」(北参道)、「見えない花」(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery)を同時開催致しました。

  • Installation view from "LIGHT" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011
  • Installation view from "LIGHT" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono AIR CLOCK 2011 mixed media h.43.0 × w. 25.7 × d. 11.0 cm YO-11-01-02
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(夢) 2011 100.0 x 80.5 cm Japanese ink on canvas
  • Installation view from "LIGHT" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(春想) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-02
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(夏望) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-03
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(秋夢) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-04
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(冬眠) 2011 japanese ink on canvas 250 x 124 cm YO-06-05
  • Installation view from "LIGHT" at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2011
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(夢) 2011 japanese ink on canvas 250 x 124 cm YO-06-06
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(想夢) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-07
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(永遠) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-08
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(祈念) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-09
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 空のほこり SKY DUST(夢想) 2011 japanese ink on canvas 250 x 200 cm YO-06-10
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono ミエナイ人タチ INVISIBLE PEOPLE (4 figures) 2011 acrylic dimension variable YO-03-01
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono ミエナイ人タチ INVISIBLE PEOPLE (3 figures) 2011 acrylic dimension variable YO-03-02
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono ミエナイ人タチ INVISIBLE PEOPLE (2 figures) 2011 acrylic dimension variable YO-03-03
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono ミエナイ人タチ INVISIBLE PEOPLE (1 figure) 2011 acrylic dimension variable YO-03-04
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono ミエナイ人タチ INVISIBLE PEOPLE (1 figure) 2011 acrylic dimension variable YO-03-05
  • オノ・ヨーコ Yoko Ono 百足 CENTIPEDES 2011 silicone dimension variable YO-04