蜷川実花

「森山大道 × 蜷川実花 展」

窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa

タカ・イシイギャラリー京都と小山登美夫ギャラリー京都は共同企画展「森山大道x蜷川実花」展を開催いたします。

今回の企画展に際し、タカ・イシイギャラリーは森山大道の80年代を代表する写真作品「美しい写真の作り方・6下高井戸のタイツ」20点(すべてモダン・プリント)を展示いたします。『写真よさようなら』(1972年)以降、自身が「写真との肉離れ」と語るスランプに陥った森山は、雑誌『写真時代』1981年9月号から連載を開始した「光と影」シリーズにより、「写真とは何か」という問いに答えを見いだし、再び写真を撮る日々を取り戻します。
今回展示する作品は、「犬の記憶」シリーズ(『アサヒカメラ』1982年4月号より連載)、「仲治への旅」シリーズ(『写真時代』1984年8月より連載)、「DOCUMENTARY」シリーズ(『写真時代』1985年8月号より連載)と並び、見事に復活を遂げた森山の、80年代の旺盛な撮影意欲を証明する作品群の一つです。

小山登美夫ギャラリーは、蜷川実花の7月20日発売の写真集「月刊MEN SPECIAL 窪塚洋介 NOWHERE」(発売元:ポニーキャニオン、税込価格:¥3,200)に収録されている作品を展示します。俳優業だけでなく様々な分野で活躍する窪塚洋介を蜷川実花が撮った、「共犯関係の二人が創った写真世界」(同写真集プレスリリースより)が表現されたシリーズです。
蜷川の作品がもつ、様々な感情、また非現実的な世界をも喚起するような独特の色彩。その光、また色の深度を強めることによって浮かび上がる闇。光をまとっていても、影に包まれていても、蜷川の作品の対象は彼女がつくりだす特別な世界の中だけでしか見せることのない一瞬の特殊な美、生の豊潤さをとらえられます。
「・・・館内の順路も終わりに近い壁面で、突如というか唐突というか、僕は蜷川実花さんの、あの原色の花々が氾濫する一枚の巨大パネルと出っ喰わしたのである。そして、そのパネルが辺りに放つ極彩色のインパクトは、それまで巡ってきた仄暗い館内と、時を経て多分にくすんで映る数々の名画との対比もあって、異様なまでの輝きと眩惑と凶々しさに充ちていた。つまりそれは、はっきりビジュアルスキャンダルであり、僕は内心でニヤリとした。・・・」
  - 森山大道 『high fashion』2009年4月号、p.55 より抜粋
「・・・森山さんの写真は、写真の世界に進めば進むほど、撮れば撮るほど大好きになっていくんですよね。[・・・]近作では、「ハワイ」(2007)がとくにショッキングでした。あんなハワイはこれまで見たことがない。写真の中にある影の濃さにゾクゾクしました。撮る人によって違う切り取り方をするのは重々承知ですが、「森山さんが撮るとこうなるんだ!」ということがあまりにもストレートに伝わってきて。・・・」
  - 蜷川実花『美術手帖』2008年11月号、pp.86-87より抜粋
この度初めて京都で実現した、時代を挑発するふたりの写真家の二人展を是非ご高覧ください。

作家プロフィール

蜷川実花

蜷川は東京生まれの写真家、映画監督。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科在学中に受賞した、第7回ひとつぼ展グランプリ、第13回キヤノン写真新世紀優秀賞以降、第9回コニカ写真奨励賞、第26回木村伊兵衛写真賞、大原美術館賞(VOCA展 2006)など数々の写真の賞を受賞しています。現在までに 90冊近くの写真集を出版し、2008年に東京オペラシティアートギャラリーから全国 4つの美術館を巡回した大規模な回顧展「蜷川実花展ー地上の花、天上の色ー」では、のべ18万人の観客を動員しました。また、『さくらん』(2007年公開)では長編映画初監督を務め、第57回ベルリン国際映画祭と第31回香港国際映画祭の正式出品特別招待作品となるなど、国内外で評価を得ました。続いて2012年には映画監督として2作目となる『ヘルタースケルター』を発表、2012年度新藤兼人賞を受賞。2014年には、芸術文化における幅広い見識から2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任しました。また2016年3月19日〜5月8日に台北当代芸術館で開催された個展「蜷川実花展」は、同館の入場者数記録を大幅に更新する約13万人の入場者数となり、大好評を博しました。

  • installation view from "Daido Moriyama x Mika Ninagawa" at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2011 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "Daido Moriyama x Mika Ninagawa" at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2011 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "Daido Moriyama x Mika Ninagawa" at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2011 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • installation view from "Daido Moriyama x Mika Ninagawa" at Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2011 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa
  • 窪塚洋介 Yosuke Kubozuka, 2011 ©mika ninagawa