大野智史

「予言者」PROPHET

「PROPHET」 – PRIMEVAL FOREST AS MATERNAL, 2009 oil and spray on canvas, 360.0 x 810.0 x 6.2cm, ©Satoshi Ohno

作品紹介

大野智史の作品には、自然と人工との融合、閉塞した空気感、一方で自然界とどこかでつながっている自分が新たに捉え直す空間の感覚などのテーマが垣間見られます。2004年に参加した鹿児島県、甑島アートプロジェクトでは亜熱帯の島で実際に生活し、その後も北海道の原生林やカリブ海のケイマン諸島、ハワイなどを展示で訪れた大野は、活動拠点を富士吉田へと移し、自分の思念の中の原生林を空間に再現するかのように、絵画作品と立体、写真、床に広がる砂絵などを組み合わせたインスタレーションを続けて来ました。そこには自分をとりまく深い自然への、呪術的なまでの回帰の感覚が、色濃く反映されています。
昨年、横浜のZAIMで行われた「THE ECHO」展では、「自画像という極めて個人的なテーマが女性の子宮の世界観を取り込み、原生林のひとつの大きな母体にまでつながる」(作家談)展示を試みました。繰り返し登場する自画像はもはや男女の性別を越えて両性具有であり、所々に見られる球体の発光源(プリズム)が、森の中に迷い込んだ観客を導くかのように輝き、そこにはまさに大きな母体の胎内に広がる、子宮としての森が現れたかのようでした。

MATERNAL PRISM, 2009 acrylic on camvas 270.0 x 480.0 x 3.5cm ©Satoshi Ohno
MATERNAL PRISM, 2009
acrylic on camvas
270.0 x 480.0 x 3.5cm
©Satoshi Ohno
PROPHET, 2009 oil and spray on canvas, 250.5 x 220.5cm, ©Satoshi Ohno
PROPHET, 2009 oil and spray on canvas, 250.5 x 220.5cm, ©Satoshi Ohno

展覧会について

「原生林という生命の原初的な場所をひとつの大きな母体とし、森全体の総体を子宮のようなものとして考える。巨大な倒木は男性の象徴として横たわっている。その倒木は『予言者』に導かれながら森の中をオレンジの光に向かって進んでいく。オレンジの光とは、肉体の光であり、母性の光である。」(作家談)
本展では、ギャラリーの2フロアを使って、高さ5m近くの巨大なペインティングなど、大規模な展示を予定しています。どうぞこの機会にご高覧下さい。

作家プロフィール

大野智史

大野智史は1980年岐阜県生まれ。2004年東京造形大学卒業。現在山梨県富士吉田市を拠点に、制作活動 を行っています。小山登美夫ギャラリーでの個展は4度、2007年にはホノルル現代美術館で個展「Prism Violet」を行いました。大野は、原生林をバックにスピーカーや人物像、プリズムや螺旋のイメージを描いてきました。現在、富士山の袂にアトリエを構える大野にとって、原生林は生命が生まれ、終わる場所であ り、また鮮烈な色彩のプリズムは、美しさと華やかさを秘めた魅力あるものの象徴で、そこに人たちは引き付けられていきます。2013年、大野はダイムラー・ファウンデーションのグラントで、ベルリンに滞在する機会を得ます。そこで彼は、自身も影響を受けたと語るドイツの表現主義的な作品を浴びるように見なが ら、一方で、日本とヨーロッパとの気候風土の違い、そこから生まれる絵画的な美意識の違いについて気づき、考察することになります。その体験の一端が、2014年の原美術館での「『アート・スコープ 2012-2014』 ─旅の後もしくは痕」での出品作に現れてきました。大野の制作の背景には、東西の美術史と、絵画的な表 現についての分析があります。そして、デジタル時代を象徴するような、フラットな色面構成による表現と、描写的な表現を自由に行き来し、時に1つの画面でそれらを拮抗させ、感覚を多層化させながら、絵画の可 能性を探求します。

主なグループ展に、「STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ『距離』」(熊本市現代美術館、2015 年)、「『アート・スコープ 2012-2014』─旅の後もしくは痕」(原美術館、東京、2014年)、「絵画の在りか」(東京オペラシティアートギャラリー、2014年)、「リアル・ジャパネスク」(国立国際美術館、大阪、2012年)、「VOCA展 2010」(上野の森美術館、東京、2010年)、「越後妻有アートトリエンナー 2009」(福武ハウス 2009 / 旧名ヶ山小学校、新潟)「THE ECHO 展」(ZAIM 別館、横浜、2008年)などがあります。作 品はビクトリア国立美術館、原美術館、トヨタアートコレクション、国立国際美術館ほか、国内外の個人コレクターにも収蔵されています。

1980年 岐阜県生まれ
2004年 東京造形大学卒業

  • installation view from [PROPHET] at Tomio Koyama Gallery, 2009 ©Satoshi Ohno
  • installation view from [PROPHET] at Tomio Koyama Gallery, 2009 ©Satoshi Ohno
  • *8 installation view from [PROPHET] at Tomio Koyama Gallery, 2009 ©Satoshi Ohno