伊藤慶二
Keiji Ito

  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito: Pictures and Ceramic Sculptures” at Tomio Koyama Gallery Roppongi, Tokyo, 2023 ©︎Keiji Ito Photo by Kenji Takahashi
  • h.37.0 × w.11.0 × d.9.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • h.31.0 × w.13.0 × d.11.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • h.28.0 × w.30.0 × d.30.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • h.45.0 × w.40.0 × d.11.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • 顔 oil on canvas 65.2 × 53.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • おんな oil on canvas 65.2 × 53.0 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • 9の顔 oil on canvas 91.0 × 65.2 cm Photo by Katsuhiko Kodera ©︎Keiji Ito
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • Installation view from “Keiji Ito” at Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2022 ©︎Keiji Ito photo by Kenji Takahashi
  • かお-ほうよう Face-Embrace 2018 陶土、釉薬、鉛 ceramic, glaze, lead h.32.0 cm × w.32.3 cm x d.13.5cm ©Keiji Ito
  • 家と男女 House with Man and Woman 2019 陶土、釉薬 ceramic, glaze h.29.8 x w.34.9 x d.13.8 cm ©Keiji Ito
  • おとこ Man 2012 陶土、釉薬 ceramic, glaze h.68.3x w.34.0 x d.24.5 cm ©Keiji Ito

1935年、岐阜県土岐市生まれ。窯業が盛んで、安土桃山期に焼き物の大きな改革をしている美濃で育った伊藤は、現在も自宅と工房を構え制作している。
1954年武蔵野美術学校に入学し油画を専攻。卒業後は岐阜県陶磁器試験場デザイン室に籍を置き、クラフト運動の指導者、日根野作三に大きな影響を受けた。当初は平面での意匠のみ行っていたが、実際の立体とのつながりに限界を感じ、自らやきもの制作を手がけ始める。以降日常の器やクラフトに加え、早くから鉄など他素材もくみあわせた「陶による彫刻」「インスタレーション」のような立体造形を発表してきた。その姿は多くの若い作家の指針となり、美濃の現代やきものを牽引している。

個展

2023 伊藤慶二の絵と陶彫」小山登美夫ギャラリー、東京
2022 伊藤慶二」小山登美夫ギャラリー、東京
「伊藤慶二展」光玄、名古屋、愛知
2021 「象(かたち)」Lギャラリー、名古屋、愛知
「東日本大震災10周年企画展 3.11 鎮魂-魂の宿る場-」スペース・アルテマイスター・会津、福島
2019 「伊藤慶二陶展―土とたわむれて―」和光ホール、銀座、東京
2017 「忘れてはならない記憶」オリエンタルギャラリー、広島
2013 「伊藤慶二展 ペインティング・クラフト・フォルム」岐阜県現代陶芸美術館、岐阜
2012 「3. 11 鎮魂」スペース・アルテマイスター・会津、福島/ギャラリー数寄、愛知
2011 「伊藤慶二 こころの尺度」展 岐阜県美術館/パラミタミュージアム、三重
2009 「伊藤慶二『面』展」ジェイアール名古屋髙島屋、名古屋
ギャラリー数寄、愛知
2003 ギャラリーNOW、富山
2002 「つら・づら」「尺度シリーズ」ギャラリーももぐさ、多治見、岐阜
1999 「食のうつわ展」「ヒロシマシリーズ」ギャラリーももぐさ、多治見、岐阜
1998 「1965-1998」ギャラリーももぐさ、多治見、岐阜
1995 Hetjens-Museum, Düsseldorf, Germany[Gallery Böwing, Hannover, Germany/Musée des Arts Décoratifs de la Ville de Lausanne, Switzerlandに巡回]
1993 ギャラリー川船、東京
1991 ギャラリーキャプション、岐阜
渋谷西武、東京
1990 ギャラリー椿、東京
1987 ギャラリー白、大阪
1976 カサハラ画廊、大阪

グループ展

2024 「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」kudan house、東京
2023 「24周年企画 好きなかたち展」ギャラリー数寄、愛知
「伊藤慶二と薫陶を受けた作家たち」樂翠亭美術館、富山
2021 「GO FOR KOUGEI」勝興寺、高岡、富山
「土と語る達人 加藤清之&伊藤慶二 展」光玄、名古屋、愛知
「タイル考~陶芸の視座より」多治見市モザイクタイルミュージアム、岐阜
2013 「伊藤慶二+鯉江良二 土に宿すかたち − パイオニアたちの仕事」樂翠亭美術館、富山
2012 「3.11 鎮魂-魂の宿る場-」、アルテマイスター、福島
2008 「aim'08 土から生える」多治見・土岐・瑞浪、岐阜
2007 第4回円空大賞展、岐阜県美術館、岐阜
「土から生まれるもの:コレクションが結ぶ生命と大地」東 京オペラシティアートギャラリー、東京
2005 「内田繁と2人展」巷房ギャラリー、東京
「夏のお茶展」
ギャラリーももぐさ、多治見、岐阜

2004 「人形(ひとがた)-風景の中の彫刻展」ギャラリーももぐさ、多治見、岐阜

2000 「うつわをみる 暮らしに息づく工芸展」東京国立近代美術館工芸館、東京
1984 国際陶芸展、ブダベスト、ハンガリー
1983 「荒木高子と2人展」Braunstein Gallery、サンフランシスコ、アメリカ
1981 第39回ファエンツァ国際陶芸展「仏足のゆくえ」、イタリア

パブリックコレクション

愛知県陶磁美術館
アリアナ美術館、スイス
エーバソン美術館、アメリカ
岐阜県現代陶芸美術館
岐阜県美術館
菊地寛実記念智美美術館
京都国立近代美術館
コンテンポラリー・ミュージアム・ホノルル、アメリカ
滋賀県立陶芸の森
世界陶磁器エキスポ財団、韓国
多治見市モザイクタイルミュージアム
東京オペラシティアートギャラリー
東京国立近代美術館工芸館
南城美術館、沖縄
ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、オーストラリア
パラミタミュージアム
ファエンツァ陶磁器博物館、イタリア
ヘッチェンス美術館、ドイツ
北海道立近代美術館
楽翠亭美術館

受賞歴

2017 薬師寺 平成の至宝 83選奉納

2016 日本陶磁協会 金賞
2013 地域文化芸術功労表彰(文科省)
2007 円空大賞展 円空賞

2006 岐阜県芸術文化顕彰
1989 美濃陶芸作品永年保存

1981 ファエンツア国際陶芸展、イタリア
1979 ’79日本クラフト展・優秀賞
1978 世界クラフト会議・日本クラフトコンペ美術出版社賞